みなさんこんばんは!
最近涼しくなってきましね。

先週の土曜日に、中国ブロックの財経会議なるものがありまして、そこで、色々な議題が話されました。

その中で、特に身近に感じたことは、中国人民元の貸出金利の下限撤廃です。
人民元は、日本円と比べ、金利が高いのが普通です。政府が公表している基準金利は現在5%とほどです。この金利が日本で適用されていた場合は、不動産投資などできないでしょうね

しかし、現在中国の経済も停滞気味で、金利が高いと企業をさらに圧迫しかねないので、今年の7月から貸出金利の下限を撤廃したそうです。経済状況が悪い時というのは、金利を下げにというのが、1つの効果的な政策です。ですが、逆に、景気が上向いてきたときは、金利というのはすぐに上がります。今の中国が5%というのも、他人ごとではないかもしれません。

今現在、自分が置かれている立場・状況が恵まれていることが、海外に来るとわかります。不動産投資家であれば、なおさらです。金利、建物の質、日本という立地、所有権を売買できるということ、色々です。

こういった時期が、いつまでも続くと思わず、日々リスク対策に取り組むことが重要だと再認識しました。

力がある今にすべきことを行う。それが人によっては、金利を変更する、不動産の勉強をする、貯金をする、他のビジネスで儲けることができる下地をつくるであったりすると思います。

みなさんも、現状に甘んじることなく、日々向上していく姿勢をつけていっていただきたいと思います。僕もまだ偉そうなことは言えませんが、少なくとも、毎朝の勉強、新しいビジネスの構築と準備は進めています。それがかなうかどうかは別としてですがw

みなさんは、不動産投資家として日々どういった意識で生活していますか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪