今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

最近1棟マンションほど高額な金額の不動産融資が出にくいという事で、多くの不動産業者が区分売買に切り替え、そこで三為取引をしているという話をよく聞きます。

 

そこで大きな流れとしては、1棟の価格は横ばい、もしくは下落していき、区分マンションの価格は上昇基調にあるという統計データが出始めていますが、この統計自体は、区分を多く持っている僕としては、嬉しくもあり、1棟を購入したばかりの僕としては、ちょっと悲しくもあり、半々の気持ちではありますが、1棟と区分の購入価格は大幅に異なるわけではないので、まだマシな方かなと勝手にとらえていますw

 

そこで、ここからが本題ですが、その区分マンション投資に流れ込んだ不動産業者が、1戸3,000万円くらいの区分マンションを複数住宅ローンで顧客に当て込み、総額1.5億円~2億円くらいのローンをあてこむということをやっているという話を前からも聞いていましたし、ここ直近そういった取引が増えてきているという話を聞きます。

 

この方法、金利が低く、長期間のローンの借入が出来るという意味では悪くないのですが、個人信用情報に情報が記載される前に複数の物件を購入をしなければならなくなるため、1つ1つの物件を精査する時間がなく、下手な物件をつかまされると、いかに金利が低くても、毎月持ち出しになってしまう可能性も十分あり得るスキームです。

 

不動産業者は売買をしなければ食っていけないので、彼らとしては必死なんだと思いますが、初期段階でこのような特殊なスキームは避けた方が無難だと個人的には思います。

 

特に今は不動産価格が高騰している時期なので、将来に大きな売却益を見込める可能性が低く、買い時としては良くありません。と言っていると、そんなこと言ってたらいつまでたっても購入できないじゃんということになってしまいますが、少なくともこのような時期に、物件の購入を運任せにしてしまう、このような複数住宅ローンスキームは危険です。

 

また、金融機関に何かでばれた場合は、アパートローンへの切り替えを求められる可能性もありますし、一括返済を求められるという精神的なプレッシャーを食らう可能性もあります。(実際に一括返済なんて出来ないことを知りながら銀行側は言っているケースが多いですが)

 

色々考えると、不動産投資は新規参入者にとって、失敗しやすい要素がいっぱい詰まってますよね。騙す人も多いし、優良物件の情報が最初から回ってくる可能性は低いですし。と最後はネガティブな話で終わってしまいましたが、最初はオーソドックスな方法で少額で始めることをお勧めします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪