今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
カリフォルニアの山火事恐ろしいですね。原因が気になるところですが。

人気ブログランキング

 

 

僕が所有している区分マンションについては、あまりファミリータイプマンションの供給がないエリアでの賃貸経営だったので、そこまで競合が激しいことはなく、大体5業者~10業者ぐらいまでに客付けのお願いをしていました。

 

しかし、購入したばかりの1棟マンションについては、ある程度競合が激しいエリアということも有り、20業者以上の業者に客付けのお願いをしているところです。ただ、昨日のブログでも申し上げた通り、やる気のない業者もあるので、実際に精を出して客付けを行ってくれている業者は半分程度なんだろうなーと思いますけどね。むしろ、もっと少ない可能性もあるのかなとも思います。

 

客付け業者にお願いする頭数を増やすというのは、ネットを広く張るという意味ではかなり大事なことだと思いますが、逆に管理が必要になるという側面になります。

 

管理というのは色々ありますが、まずは、インターネット情報の記載情報についてです。会社によって、駅からの徒歩距離が違ったり、誤って情報を記載する業者がちらほらあったりします。こちらとしては、正しい情報を記載していただきたいので、保守的すぎる数値はあまり表示して欲しくはありません。

 

また、過去に既に成約している部屋なのにまだ掲載しているということもあったりします。これに関しても、指摘をしないとアップしたままになる可能性が高いので、ある程度定期的にインターネット情報は確認する必要があります。

 

この情報化社会の中で、誰もが賃貸物件を探すときにSUUMOやアットホーム等の賃貸物件サイトで物件を探しに行きます。いわば、空室対策のプラットフォーム的な位置づけの媒体で間違った情報を載せられること困るので、業者が多くなればなるほどここら辺の管理は必要になるんだろうなーと思います。

 

自分でやるのは簡単ですが、一応間に管理会社をはさんでいるので、この辺の管理は管理会社にやってもらうようにしています。今、僕の物件の管理をやっているのは、社会人1年目です(笑)一生懸命なのは分かりますが、なんか信用できないんですよね。。。

 

なので、僕が彼を育てるという意味でも、しばらくは管理会社任せにせずに、自分主体でやっていこうと思う次第です。あと5,6年は確実に日本に滞在できると思うので、ベース固めをしっかりしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪