私の知り合いに今年初めに熊本に1億円を超えるマンションを購入してしまい、なんとその後にあの熊本自身に被災してしまった方がいます。

 

彼とは不動産投資を始める前から遊んだりしていたのですが、彼が不動産投資をやるようになり、更に距離が近くなりました。Airbnbも彼からの紹介で、今月から初期投資も含めた総収益がプラスに転じるので、新しいキャッシュポイントが出来たことに関しては本当に彼には感謝しています。

 

ということで、彼の力になってあげたいと思っているのですが、ちょうど先週末に熊本に物件を見に行ったとのことです。結果としてはマンション事態に大きな破損はなく、駐車上とその下の配管に傷が出来ているとのことです。

 

今相見積もりを取っている最中らしいのですが、2百万円とか出してくる会社もあるとのこと。かなり痛いですよね。そもそもの1か月おきの手元に残るキャッシュフローが10万円なので、そのリフォーム費用を回収するのにまず2年程度かかるわけです。

 

彼はそのマンションをサブリースに出しているのですが、2年ということになると契約更新期間です。もしかしたら、賃貸市場が厳しいということで家賃保証の金額を下げられる可能性もあります。

 

彼曰く、管理会社はダメダメとのこと。

変えたいとは思っているけど、遠隔地なんでどうかなと言っているのですが、ちょっと話しただけでダメだと感じてしまうぐらいのレベルなら変えてしまうべきだと私は思います。

 

しかし、彼は不動産投資を始めて半年もしないうちに、大分厳しい立場に立たされています。不運としか言いようがないのですが、彼はポジティブに物事を進めており、私自身非常に刺激を受けます。人間、一番つらい時に本性が出ると言いますが、彼はメンタル的にも人間性的にも大きな人間だなと。

 

彼が悔しがっていたのは、マンション自体に破損がないことです。

もし、マンション自体に破損があれば保険金の一括請求が出来たらしいのですが、幸い中の不幸とでも言ったらいいのでしょうか。それが出来ず、自費負担になっています。

 

でも思うのですが、あんな地震が起こった後でも、家賃はしっかり入ってきます。

確かに一時的に大きな出費は発生してしまいますが、マンション自体はしっかり残っているということで、彼は自己破産は避けれると思います。

 

不動産投資は確かに儲かりません。しかし、安定感は半端ないなと改めて実感した次第です。とにかく彼にはこの苦境を乗り越えて欲しいと思います。乗り越えた先に更なる発展があると信じて。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪