皆さんおはようございます。

 

今日は、5月より出向予定の関連会社に挨拶に行く日です。

この話を聞いてから、3か月弱が経ちましたが、異動がもうすぐそこまで来ました。

本社に戻ってきて1年半、こんなに早く異動するとは思っていなかったのですが、

これも、成長に機会を与えてくれたと捉え、自分の糧としていきたいと思います。

 

熊本地震が発生し、ある程度時が経ちましたが、

家が倒壊し、避難生活をおくられている方々の現状を見ると、

まだまだ完全復旧には時間がかかるのだと思います。

 

不動産投資にはリスクがつきものなわけですが、その中で、

僕の会社同期で不動産投資を2億円近い規模でやっていて、

熊本に大きな物件を所有しているという話は以前このブログでもしたかと思います。

 

僕だったら、このような事態が発生した場合は、

眠れなくなるくらい不安になるだろうと思いますが、

彼はそこまでシリアスに考えているわけでもなく、全くそういう症状はないようで、

僕は友人として安心しています。

 

ただ、全くダメージがないわけでなく、実際、駐車場のアスファルトがひび割れを起こしていたり、マンションのところどころにひび割れが発生していたりと、

物件にも、そして、その対応に追われる中で、精神的にもダメージを受けているという印象を受けました。

 

今、そういった復旧工事の見積もりをとっているとのことですが、

100,200万円ぐらいはいくのではないかと彼は言っていました。

 

今年1月に購入をして、そして、100年に1回しか起こらないような地震が、

この4月に起こってしまうという、なんという不運なんだと思いますが、

実際起こってしまったので、対応するしかありません。

 

このように、やはり、「投資」と言葉についているだけあって、

株やFXと比べるとリスクは低いものの、やはり自分たちではコントロールできないものがあります。今回の話にしても、彼の物件は倒壊してはいませんが、

仮に倒壊してしまった場合、その時点で終了です。

 

物件の規模にもよるかもしれませんが、

彼の場合は1億円5千万円程度の物件なので、

自分で負担できるレベルの話ではありません。

 

こういったことを防ぐために、地震保険であったり、繰上返済であったりをしておいて、

できる限りリスク軽減をしておく。これは自分が元気な時にこそ、

収益が順調に伸びているときだからこそやっておくべきなんだなと改めて僕自身、認識している次第です。

 

特に、地震保険に関しては、僕は実はかけていません。

それは、地震保険が高く、収益を圧迫するためです。

要はケチっているわけです。

 

ただ、こういった震災が生じるとコストをかけてでもと思うので、

この機会に保険関係の整理をしたいと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪