今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今日は1月の入出金に関してですが、いきなり家賃滞納が2件ありました。所有してからコロナ感染拡大が起こるまでは家賃の支払いが遅れる入居者はほぼいなかったのですが、昨年3月くらいから毎月誰かは支払が遅れるという状況が繰り返し起きています。

 

今月家賃支払いが遅れた2件については、1件は昨年11月末ぐらいに入居された方、もう一方については、昨年コロナ感染拡大後に家賃支払い遅れを連発している方です。

 

最初の方については、保証会社の家賃引き落としがされるのが来月からということで、その部分勘違いをしていた可能性が高く、既に管理会社へ送金完了しており、来月に支払遅れの家賃が振り込まれる予定となっています。

 

そして、問題はもう一方です。

この方はまず連絡はしっかり取れます。

ただし、アルバイト勤務先が飲食店ということでアルバイト先のシフト状況によっては家賃が支払えず、最終的に父親が負担するということが数回ありました。

 

昨年3回くらい支払遅れがあったのですが、その内1回は昨年の定額給付金で支払、2回は父親に支払ってもらっていました。

 

それで今回も父親に支払ってもらう可能性が高くなるんだろうなーと思い、管理会社の方にお願いして父親に連絡をしてもらったところ、父親と息子である入居者間で家賃を父親が負担するのは昨年いっぱいまでということになっていたことが発覚しました。

 

ただ、父親は今回家賃支払いが遅れていることについて、知らなかったので、息子である入居者と直接話をするということで、その後報告いただくことになりました。

 

父親にしても、息子にしても連絡は取れているので、連絡が取れずに滞納のまま居座られるという可能性が低いという意味で最悪の事態は防ぐことが出来そうですが、本件なんとか改善に向けて進んで欲しいところです。

 

それと、今回より入居者及び父親に住宅確保給付金の案内をしたのですが、どちらも知りませんでした。あれだけ住宅確保給付金の情報が流れている中でこれだけ滞納を繰り返している入居者が知らないとは・・・驚きでした。

 

滞納をしている時点で入居者自身が何らかの問題を抱えている可能性が高く、その要素の1つに情報をうまく入手できていないということが挙げられているのかもしれません。

 

僕の物件の家賃は住宅確保給付金で全額カバーされるエリアで、かつ、家賃帯です。

しかも今は住宅確保給付金の延長を最大3回、期間にして12ヶ月申請することができるため、これを使わない手はありません。

 

連絡をしてくれるところから考えると、人間的に完全に逸脱した方ではないと思うので、なんとか再起に向けて出来る限りのサポートや情報を共有していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪