今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今日は次から次へと発生する1棟マンション経営の苦労話です。

賃貸経営のリスクとしてよく取り上げられる滞納リスク、過去に2か月程度滞納された経験はあるのですが、今回1棟マンションの1部屋で滞納されるかもしれない状況になりつつあります。

 

状況としては、3月末に振り込むべき4月の前家賃の入金が確認できていない状況が続いており、管理会社から再三の連絡をしているにも関わらず、反応がない状況です。そもそも部屋に住んでいるのかと思い、夜に部屋を見に行ったところ、明かりがついており、給湯器も使用されている最中だったので、室内で生活をしていることは確認できています。

 

不幸中の幸いなのが、連帯保証人である親がすぐに滞納している家賃を支払ってくれて、滞納している更新料についても、契約書類を送付してもらえれば、支払いをすることを同意したことです。そういった意味で、入居者自身からの入金が確認できないという意味では滞納ですが、家賃自体は回収出来ているので、まだ完全に滞納の状態ではありません。

 

その後、その入居者について色々調べてみたのですが、まず、ポストの郵便物が溜まっている状況で、前々から気にはなっていました。そして、消費者ローンの返済を滞納していたり、市税の滞納をしていたり、ありとあらゆる滞納をしていることが分かっています。

 

消費者ローンに関しては、おそらくこのまま滞納を続けると、住所が割れているため、怖い人がその入居者の家に来るのでは?と思います。いずれにしても、その入居者自身に支払い能力があるとは思えない状況です。従って、連帯保証人からの支払いが途絶えると、滞納に発展してしまいます。

 

現在、2室の空室があり、もう1室空室が増えるのは痛いですが、滞納され続けるよりはマシです。ということで、この入居者に関しては、追い出す流れになると心の準備をしています。

 

ただし、現時点では連帯保証人が家賃を立て替えてくれているため、滞納とは言えず、法的な手続きを取ることが難しい状況です。従って、連帯保証人からの支払いが途絶えたタイミングでなるべく早めに動けるよう準備だけはしておきたいと思っています。

 

今の管理会社はその点アテにならないので、ある程度のコストを支払って専門家に依頼することを考えています。一番は、その入居者が部屋から自主的に退去してくれる流れですが、しばらくは様子を見守っていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪