1862330-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日は金曜日ですね!
もともと今週は、上司がずっと出張の為、
リラックス週になるはずだったんですが、
急な仕事を複数ふられ、意外と忙しい週でした。

しかも、昨日いきなり、来月に開催される当社駐在員の懇親会の
幹事を任され、雑務がいきなり増えました。
昨日引継ぎを行ったのですが、幹事も一つの仕事ですね。これは。
体裁的なものが多く、かなり面倒ですが、良い経験だと思って頑張ってみるつもりです。

今日は何度か話している話題ではありますが、改めてお話ししたいと思います。
中国に赴任してから1年半がたち、中国での時間も残り半年程度となりましたが、
今日ふと考えました。もし、これがなかったら、現在のように順調に不動産管理できなかったなと思うもの。(賃貸管理会社の人は、当たり前の事実なので、今日のトピックからは省かせていただきます)

まず、「インターネットバンキング」。
これは、絶対にないと管理ができません。

もしこれが存在しない場合は、海外滞在時はいつお金が入ったか確認できませんし、
支払いをすることができません。方法としては、日本にいるどなたかに任せるという方法が、
ありますが、こういった金銭がらみの話は、誰かに任せるというのは不安です。

そして、ここからはお勧めなんですが、
新生銀行はいいです。そもそも無通帳主義で、日本でも、
インターネットバンキングに形を取っているのですが、
1ヶ月預金平均残高が100万円以上であれば、次の月の他行向け振込手数料が5回まで無料になります。

もともと、銀行残高管理は通帳によって行うべきだと思っていた僕ではありますが、
無通帳の方が、通帳をなくす心配はないし、意外と使いやすいなと変わりました。

ちなみに、インターネットバンキングの話に戻りますが、
僕は、僕のミスで管理費・修繕積立金の引き落とし口座になっている銀行の
インターネットバンキングの設定をせずに、中国に赴任しています。

従って、この口座に限っては、チェックをすることができません。

もし、管理費・修繕積立金の金額が変わっても、今の体制だと僕に連絡が来ないので、
最悪、引き落としがされず、支払うことができないということになってします。

この件、実際事件が起こったこともあります。
僕は、毎月定額をその口座に振り込んでいるのですが、
その月は町内会費ということで、いつもの金額+2000円を支払分ければいけない月でした。
しかし、そんなことなど知らず、いつもの金額を振り込んだところ、
金額が足りずに、引き落としがされず、それが1年程度累積し、日本に帰国し、
通帳記入を行ったところで気づきました。

通帳記入をした際に、残高がかなりあったので、おかしいとは思ったんですが、
案の定、引き落としがされていない。その原因は、2,000円足りないがために、
引き落としがされない月が続いたからということでした。

管理費・修繕積立金には滞納という概念はなく、
滞納利息等、支払いが遅れたことにより課されるものがないのが、救いでしたが、これが、ローンの支払いだった場合、悲惨です。

銀行の信用をまず無くします。これはかなり大きな損失です。
こんなことも起こるので、やはり「インターネットバンキング」は、
海外滞在中は必ず必要です。

若干、手続きに時間はかかりますが、どんなに時間がかかっても、
絶対にIDを取得しておくことをお勧めします。

ということで、もう一つあったのですが、長くなってしまったので、
今日はここまでとします。もう一つの必須アイテムについては、
また明日ご紹介します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪