今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただくようお願いします。
もう7月も終わりですね・・・今年も残り5か月頑張りましょう!

人気ブログランキング

 

 

男であれば誰でも一国一城にあこがれることでしょう。

ここでいう一城とは自分が代表取締役の法人を持つということですが、実は僕自身もそういった考えを持っていました。将来は自分の法人を持ちたいと。

 

そして、今不動産投資を始め6年が経とうとしていますが、サラリーマン所得的にも、投資ステージ的にも、次の1棟を購入する時は法人を設立して投資した方が有利ではないかという状況になってきています。

 

ただし、法人設立を検討すると、意外と代償というか、デメリットがあるんだなということが分かってきています。

 

まずは、コスト的に言えば法人住民税の均等割7万円は、法人の所得を赤字にしたとしても必ず発生する費用です。僕の不動産投資仲間で株式会社を設立して、自分の住んでいる住所に登記している仲間がいるのですが、これはサラリーマン的に若干リスクです。

 

というのも、例えば転職したり、所属している会社の人事部がその社員が兼業していないか、自分が代表取締役の会社を所有していたりしないかということを調べるために、住所に法人登記がないかどうか?について調べる会社もあると聞いています。

 

その場合、自分の住所に法人の登記をしていると、そこから分かってしまうため、やはり、法人を設立するのであれば、自分が所有している物件の住所やバーチャルオフィスといった、自分の住所とは関係のない住所に登記するのが無難です。

 

仮にバーチャルオフィスを利用した場合は、そこでまた月額使用料が発生します。

月額にすると数千円のレベルですが、これも法人がなければ発生しなかったコストです。

 

そして、税務申告に関しても税理士にチェックをお願いした場合はコストがかかります。

自分でやればコストは0です。僕の仲間は自分でやっているのですが、ビジネスがまだなく所得がないので、自分で申告しています。

 

しかし、頻繁にお金のやり取りが発生したりすると、最終チェックぐらいはお願いしようかなと僕は考えてしまうのですが、最終チェックだけでも10万円かかると、懇意にしている税理士の方から言われています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪