今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!
今週来週と結婚式のフェアに参加してきます。僕としては最大限押さえたいところですが、相手もいることなので、バランスを取りながら決めていきたいと思います。

人気ブログランキング

 

 

先日お話しした法人税の税務代行手数料の交渉の件ですが、税理士の方が僕の提案にすんなり応じてくれ、来期より税務代行手数料が安くなることになりました。その分、僕自身で仕訳を打たなければならなくなりますが、そこまで大きな労力ではないので、少し身軽になります。

 

現在、年間で約30万円程度の税務代行手数料をお支払いしています。

この料金には月々の代行手数料と決算代行手数料の2つが含まれていますが、昨年投資直後はこの費用が適正なものか否かも良く分かりませんでしたし、法人税の申告作業は自分では出来ないと思い込んでいたので、税理士に言われるがままに契約をしました。

 

ちなみに、その税理士の方は全く話を聞かないという頑固な方ではなく、どちらかと言えば、物腰柔らかく、今回の話にしても確定申告作業中のお忙しい中対応してくださったので、悪意のある方ではありません。

 

この税務代行手数料をどうにかして安くできないかなーと思っていたところ、今集中して勉強をしているFX講座の受講生の中に不動産投資をやっている方がいて、その方が申告作業は税理士にお願いしているけど、月々の仕訳はクラウド系会計システムで行っているという話を聞き、これだ!と思い、色々と情報を調べたところ、コスト削減が出来る方法があることを知りました。

 

僕は本業で10年間経理業務を行っているので、仕訳を打つことに関しては、そこまで苦ではないです。ただし、最終的な申告作業であったり、税務代行証書がなく、自分一人で申告までするのはさすがに何かあった時怖いなと思い、最終的なチェックを税理士の方にお願いをしようと考えています。

 

月々の仕訳を自分で行う事により、今まで税理士の方が行っていた月次の入力作業を削減することが出来るので、その分だけ報酬を減らしてほしいと伝えたところ、税務代行手数料が今までの半額なりました。金額にして15万円程度削減できたことになるので、これは結構大きな削減になります。

 

今は、消費税申告書の申告作業の依頼もしており、それは月次でチェックしたいという要望が税理士の方よりあったため、月々の手数料を若干支払うことになりましたが、消費税申告はあと2年程度で終了します。そこからは決算書の最終チェックのみで問題ないという話の流れになったので、その際にまたコスト削減することが出来ます。

 

ちょっとけち臭いとは思いますが、こういった細かい部分のコストかっとは中長期的にはかなり重要だと思っています。あとは、1回あたりリフォーム費用を含めた建物管理手数料をどれだけ減らせるかという部分が課題ですが、こちらの方もコツコツやっていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪