今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
今週からやっと普通の生活に戻れるという感じです。

人気ブログランキング

 

 

先日、お世話になっている不動産投資家の方からある業者を紹介いただきました。

その業者、今は下火と言われている法人スキームに傾倒している業者でしたが、金融庁の引き締めがあるなか、法人スキームは危険だと言っている業者が多い中、珍しいなと思いました。

 

法人スキームを活用する方は、個人での借入はできる限りせずに、できる限り法人での融資でというスタイルになってきます。単法人や、個人で借り入れをしていくと、いつかは天井にぶちあたりますが、複数法人スキームでは、金融機関の数だけ、物件数を増やせる可能性があるというメリットがあります。

 

ただし、法人がとんでもなく多くなり、管理が煩雑になります。その業者の方がしきりに1人の投資家の方について賛辞を述べていましたが、その方は借入規模が100億円近くあり、しかもサラリーマンをまだやられているということでした。

 

この法人スキームでは、自分の分身を作っていくイメージなので、サラリーマンであり続けることが、物件を増やしていく条件となっていきます。もうリタイアをしても、全然生活していける状態なのにも関わらず、相変わらず、規模拡大を続けているようですが、購入することに対して刺激を覚え、金融機関を打ち負かして、融資承認を得るのが好きだから続けているということでしたw

 

まあ、ここまでの規模になるともう趣味的な要素もあると思いますw

 

法人スキームは、各金融機関にはほかの法人の借り入れを隠してやるというすきーむであり、もしその隠したことが法人にばれてしまった場合、どうなるかというところがリスクです。

 

しかし、その規模まで行ってしまうと、現預金で言えば、数億円保持しているので、金融機関としても見て見ぬふり、あるいは逆にもっと貸すという姿勢に変わる金融機関もあるらしく、その方の場合は、そうなっているとのことでした。

 

ただし、このスキームは時すでに遅しというのも若干あります。

というのも、法人で借り入れをするハードルがここ1年ぐらいでかなり上がってしまったためです。加えて、法人スキームに完全に傾倒している業者も少なくなってきているというのもあるかもしれません。

 

加えて、そのお話しした営業マンの方は大分元気でしたね。

かなりの実績をお持ちの方でしたが、やはりトップ営業マンの方というのはあれぐらいエネルギッシュじゃないと務まらないんだなーとあらためて感じた次第です。

 

次につながるかは分かりませんが、貴重な出会いになりました。

不動産はやっぱり人ですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪