今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただくようお願いします。
今やれること時間があるうちにめいいっぱいやっていきたいと思います。

人気ブログランキング

 

 

今日は民泊の話です。

とはいっても、民泊とは直接関係しない間接的な話ではありますが、

こういう面倒というか、どうしようもない話もあるってことをシェアしたいと思います。

 

まず、事の背景ですが、僕が民泊運営を行っている部屋の前に小さな橋があるのですが、それが来年から工事に入るらしいのです。そこで、その物件のオーナーさんに区役所の方が説明で出向き、部屋の中の写真を撮りたいという話があった模様です。

 

そこで、そのオーナーさんから僕の元へ電話があったのが約1か月半前の事でした。

オーナーさんからの要望は2つありました。1つが、部屋の中の写真を撮りたいので手配をして欲しいということ、もう1つは橋の工事が民泊のオペレーションに影響する可能性もあるので、1回そのマンションまで出向いていただいて、直接説明をしたいということでした。

 

ただし、僕は9月末では個人的に色々忙しく対応できないこともありますし、実際のオペレーションはもうほぼほぼ管理代行の会社が行っているので、管理代行の社長をやっている方とお話をして欲しいということで僕のお役はご免。

 

そこからは、管理代行会社の社長とそのオーナーさんで話が進んでいてもう終わったものと思っていました。というか忘れていました(笑)

 

ですが、先週オーナーさんから電話があり管理代行の方がなかなか対応してくれないからなんとかしてくれないか?という話(笑)

 

まず1つめの写真を撮ってくれという話は、区が委託している会社と管理代行の社長さんとの間で直接話し合いが進められ、社長さんは急がないからという言葉を真に受け、まだ対応していないという状況。しかし、その区が委託している会社⇒オーナーさんに早くしてくれないか?という連絡が来てるらしく、オーナーさんは管理代行の社長の方に連絡したものの、つながらないから、泣く泣く僕に電話をかけたとのことでした。

 

そして、2つ目のオーナーさんから直接橋の工事の概要について区から説明を受けたことをフィードバックしたいという話についてですが、これもオーナーさんから管理代行会社の社長さんにあまり急がないからという話があり、それを社長さんがはきちがえて受け取っている模様です。

 

一応その管理代行の社長さんがボールを握っている、つまり、スケジュールを連絡するということになっているのですが、1か月たってもまだオーナーさんに連絡がないという状態です。。。

 

1話でシェアしようと思ったのですが、意外と長くなってしまったので、続きは明日更新致します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪