今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
民泊新法施行まであと1か月半になりましたね。

人気ブログランキング

 

今日は久々に民泊のトピックにしたいと思います。

最近、不動産投資の方の動きを強めており、相変わらず不動産投資のセミナーに行ったり、コンサルタントの方とお会いしたり等々、動いているのですが、並行で民泊事業の方も順調に推移しています。

 

ここ1年くらいかなり順調に推移しており、僕が出動必要になるようなトラブルは全く発生していなかったのですが、先日久々にトラブル出動しました。

 

内容としては、給湯器の電源が入らなくなったらしく、お湯が使えないのでどうにかしてくれという怒りが管理会社の方に入り、管理会社の方でどうにもできなかったので、オーナー負担で給湯器の交換をして下さいということになり、オーナーとの契約者である僕が動かなければならなくなったという流れです。

 

この物件は新宿区ということで、規制がかなり厳しく、615日前に閉じることが決定しているので、できる限り無駄な費用はかけたくないのですが、既に退去通知は出しており、退去まで残り1か月半と迫っている中での給湯器交換は中々頼みにくいものです。だからといって、自費だと10万円いじょうはかかるので、なんとか避けたいと思い、現地に行ってきました。

 

結論としては、大したことない事件でしたw

この物件、庭が広いのですが、その庭に給湯器が置いてあり、おそらくその給湯器から伸びているコンセントをゲストが抜いてしまったか、触ってしまい、接続が悪くなって、電源が切れたものと思われます。

 

それに気づいていた管理会社の清掃スタッフの方が、コンセントを入れなおしてくれたのですが、最初はそれでも電源が復旧しなかったのですが、その後、コンセントを抜き差ししていたら、電源が戻り、何とか事なきを得ました。

 

お湯が出ないというのは致命的なことなので、ゲストのキャンセルにもつながってきます。

しかも、今回のゲストはあと4泊程度する予定なので、かわいそうだなと思い、そのトラブルが起きた次の日の午前にすぐに向かいました。

 

また、物件まで歩いて40分程度の距離に今住んでいるというのも、すぐに行けた理由です。

 

この部屋も含め、現在3部屋運営をしていますが、残り2部屋は豊島区で比較的条例が緩いので、届け出を出して、できる限り長く運営をします。ベストは来年末ぐらいまでを予定しており、それまで1か月平均5万円くらいのキャッシュフローが出れば、万々歳です。

 

不動産投資のほかに、こういったキャッシュポイントを増やしていくことは非常に重要です。自分のノウハウにもなりますしね。ということで、民泊の方も着実にコツコツやっていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪