先週に2、民泊サイトAgodaを通じてのお客さんが宿泊しました。

AgodaはAirbnbとは異なり、スマホ上にポップが入らないのでタイムリーにゲストとのやり取りが分かりません。

 

まさに、管理会社頼みになってしまっている部分なので、以前からAgodaの初ゲストなのでということは管理会社に通知をしていて、その後何も連絡もなく無事チェックアウトをしたようなので、おそらく特に何もなかったと認識しています。

 

Agodaでの運用も初めて2か月程度が経ちましたが、使い勝手は断然Airbnbの方が良いです。何と言っても、Agodaはスマホでの操作が難しいのでそれが手間です。わざわざ電車の中でパソコンを立ち上げるわけにもいきませんしね。

 

でも、AgodaはうまくAirbnbを補完してくれています。

例えば、Airbnbはおそらく日本の民泊運営者が使っている民泊サイトNo.1ということで競合が一番激しく、1週間くらい前の日に関しては宿泊料金を大幅に下げないとゲストが予約をしてくれません。なぜなら、他のゲストもそれ相応に宿泊料金を下げているからです。

 

一方、Agodaでは直前でも正規料金で入ったりします。

他にもっと安い部屋あるだろうと思うのですが、たまに予約が入ってラッキーって思うことが結構あるのです。

 

料金的に言えば、Airbnbだと5,000円ぐらいに設定しないと予約が入らないのが、Agodaでは12,000円ぐらいで予約が入ってしまうということがあるわけです。これは結構でかいですよね。

 

ただ、基本はAirbnbでの予約です。毎日料金を更新しているのもAirbnbですし、レビューが既に200以上溜まってきているのでどうしてもAirbnbを介しての予約が多くなってきます。

 

Agodaの使い道は、Airbnb上では空いているスケジュールにAirbnbよりも大きな金額の宿泊料金で宿泊してくれるゲストがたまに入ってくれれば良いなという感じです。

 

なので、Agodaの料金変更はほぼしていません。たまに時間があった時に、本業の業務中にやっている程度です。逆に下げ過ぎると損するかもしれませんしね(笑)

 

結論としては、Agodaでの登録をして二刀流をしてよかったと思っています。

特に1月なんかは、AirbnbとAgodaの収益がほぼほぼ同じという状況になってきています。もしかしたら、Agodaにおいては宿泊実績が多ければ多いほど、検索順位で上位に表示される可能性が高まるのかもしれません。

 

いずれにしろ、来年はめいいっぱい稼ぎたいと思います。

再来年は法規制が変わり、逆風が吹くかもしれませんし、いつ撤退するかもわかりません。

そして、貯めたお金を不動産投資の方へ移動していく。

そんな良い循環を生み出せればと思いますし、そういうことで行動しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪