green-keeper-959421_1280

 

本日は民泊関連の話になるのですが、4部屋運用している中で1部屋庭が異様に広い物件があります。登記簿上は、借りてる一軒家も土地も同じ名義人になっているので、おそらくですが、将来的に一軒家を取り壊して、新しい何かを立てようとしているのかなと推測しています。

 

私たちが借りている範囲にもこの広い庭が含まれているわけですが、この手入れが大変面倒です。夏には雑草がぼうぼう生えてくるので、この草が成長しない寒い季節に草刈りを行い、除草剤をまくというプロジェクトを進めていたのですが、つい最近終了しました。

 

終了したと言っても自分たちで作業してわけではなく、業者に依頼をしました。民泊の話ではありますが、将来1棟マンションを所有する方関係のある話だと思います。

 

その庭の広さは大体20坪程度です。結構日当たりが良いので、放っておくと草木がどんどん生い茂るわけですが、やはり坪当たりの単価があるらしく、広さ×坪単価で決める感じでした。

 

結果的には、28,000円でした。

 

とすると、坪単価は1,400円になります。

かなりの草の量だったので、自分たちでやることを考えると、

まあこれぐらいかかるなという認識です。

 

こういった草刈り業者とは別に、シルバー人材センターにお願いするということも可能です。実は、昨年はシルバー人材センターにお願いしたのですが、確か15,000円ぐらいでした。安いですよね。

 

しかし、除草剤をまいてくれたのにもかかわらず、今年の夏はヤバいくらいに草が生い茂っていました。ということで、今年はシルバー人材センターにはお願いすることをやめ、ほかの業者のお願いすることにしたのですが、結果はどうなることでしょう。楽しみです。

 

この草刈り作業の他に、見積もりの際、注意しなければならないことがあります。

それが、ゴミ捨てです。

 

20坪分の草のごみの量となると、半端ない量になります。

今回は色々業者と連絡を取ってくださった民泊共同出資の他のメンバーが、なぜかゴミ捨ては自分たちでやると思ったのか、依頼せずに、草刈り作業が終わった後日にお願いするということになってしまったので、13,000円もかかりました。

 

大分高いですよね。

 

通常の作業の中に織り込む形であれば、5,000円だったらしいので、大分ふんだくられました。しかし、あれだけの量のごみは自分たちではどうにもなりません。やむを得ずでした。

 

なので、もし皆さんが草刈り作業を外部業者に委託する場合は、このゴミ捨ての部分も考えた上で料金を見積もった方が宜しいかと思います。

 

後で実は必要だったとお願いした場合、私たちみたいなことになるのでお気を付け下さい。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪