今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

10月ももう中旬。今年も残り2か月半ですね。台風はありましたが、また発生するかもしれませんし、何があるか分からない世の中です。ひとまず今年の残りの期間が無事に終わるべく最善を尽くしていきたいと思います。

 

今日は最近よく思うことについて共有したいと思います。

 

良く投資歴〇〇年というプロフィール紹介ってありますが、一般的に投資歴が長ければ長いほど結果を出している、もしくは技術がある人というイメージを持つことが多いと思います。事実僕も、不動投資歴20年とか聞くと、すごいなーと思ってしまいます。

 

ただ、確かに時間の経過に応じて、上がっている知識や能力もあると思いますが、歴が長い人=知識がある人、結果を出している人というわけではないなぁーと最近は良く思います。

 

というのも、不動産投資の世界でも短期的に結果を出している人は多くいますし、僕が現在更なる収益の柱として動いているFXについても、たった1年で月間100万円以上稼いでしまっている方も実際に見ています。

 

短い期間で結果を出してしまう方の共通点として感じるのが、物事について深く突き詰めるという部分です。特に失敗した時にはなぜ失敗したのか?どうすれば次はその失敗を防ぐことができるのか?

 

また、成功体験についても、成功して終わりではなく、成功体験の中での共有点を深く突き詰めたり、どういった場合に成功の確率が上がるのか深く突き詰めたりしています。

 

逆に成功しない方、結果を出せない方というのは、一言でいえばあまり考えて行動していないということが言えるかと思います。その方としては深く考えているつもりで合っても、表面上の理由だけ考えてしまっているということはよくあったりします。

 

深く考えることって意外とエネルギーがいります。面倒だと思います。特に失敗したことを自分自身で振り返ることって、苦痛を感じることもあるかもしれません。

 

でも、ここに成功のためのエッセンスが詰まっていると思います。

僕の不動産投資は最初は購入時期という運の要素が強く働き、滑り出しは順調でしたが、昨年購入した1棟は失敗とは言わないまでも、成功とはまだ言えない状況です。

 

でも、そこからトライ&エラーを繰り返し、1棟経営ということを日々身をもって体感し、学ばせてもらっているので、今後の賃貸経営にも必ず活きてくると信じています。

 

失敗した時こそ、要因を深く突き詰め、同じ失敗を繰り返さないようにしていきましょう。自分への戒めもありますけどね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪