startup-593327_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今週と来週は下手な飲みは入れず、

13日からの長期海外旅行に備えています。

長期で海外旅行に行くのは、約5年ぶりです。

体調万全で行きたいため、今更ではあるかもですが、

最近は、一時的な健康マニアです(笑)

 

これまた先週金曜日の飲み会の話から派生するのですが、

その中で、先週水曜日に株式会社を設立したという強者がいました。

 

彼は、最近不動産投資を始めたのですが、

僕の1歳年上であるにもかかわらず、かなりアクティブに動いている感じの

キャラ。何かしでかしそうなキャラという印象です。

 

株式会社設立と聞いて、只今進行形で勉強しているFP1級の実技試験勉強と重なって、

もしかしたら、僕も株式会社を設立した方が得なのかもしれない。

 

そう感じるくらい、今、所得税や社会保険料が上がってきています。

僕の親父も、どうやら、ここ数年で、退職するらしいですし、

親父を従業員にすることによって、うまく所得分散が図れるかもしれないと、

最近考えるようになりました。

 

ということで、FP1級実技試験が終わる、9月11日以降から、株式会社設立に向けて、

具体的にアクションを始めていこうと思っています。

 

ただ、個人の所得を法人に分散すれば、個人の所得はもちろん下がります。

その結果、融資の際に、見られる、確定申告書上の所得も下がってしまうので、

融資に影響してくるかもしれません。

 

ということで、来年には一棟マンションを購入するという強い気概を持って、

進めないといけません。

 

でないと、例えば、株式会社を来年本格的に稼働させた場合、

来年の所得は下がることになり、再来年以降に融資を受けようと思う場合は、

不利になる可能性が出てくるためです。

 

株式会社設立した場合は、僕個人→株式会社へ一括貸しという形にしようと思っています。

そうすれば、家賃収入の20%を、個人として損金算入することが出来ます。

 

その分、法人で所得が発生しますが、それは、僕の親父への従業員給与と相殺できるようにして、法人には全く所得が残らない。

 

そして、親父の給与は103万円以下に抑え、親父自身にも所得税がほぼかからず、

住民税もかからないというスキームにしようかなと思っています。

 

税金が最近増えて、来年からは、高所得者の給与所得税額控除の金額が、また、

下がります。その税金を何に使っているのか?というのは、気になるところですが、

徴税権は国の権利なので、何も言えません。

 

税法をうまく活用して、FP1級で得た知識をうまく活用して、

キャッシュフローが上がる仕組みを真剣に構築していきたいと思います。

 

都度、皆さんにシェアさせていただきますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪