今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

3月下旬位から緊急事態宣言に伴って収益が激減してしまった店舗を抱える飲食店、日用品店、ホテル等の家賃減額要請がオーナーに届き始めているという話をちょくちょく聞くようになりましたが、最近になり、家賃の補助を政府が行うという流れになってきましたね。

 

僕は不動産投資家中心にtwitterをフォローしているので、このニュースについては、オーナー側としては到底受け入れられるものではないという意見と、退去されると次の入居者を見つけにくいオーナーは受け入れたくないけど受け入れざるを得ないという意見等々、議論が行われているのを知っていました。

 

これどうなるのなかーと思っていたのですが、最終的には全額とは言わないまでも、ある程度の金額までは政府に補助してもらえることになったため、店舗が入っている物件のオーナーは安心し始めていると思います。

 

僕はレジデンスしかやっていないのですが、仮に店舗の家賃をオーナーが減額するのが当たり前という社会的風潮になってしまうと、通常の入居者にさえ、家賃減額を認めるべきという流れに派生してくのをかなり懸念していたのですが、そういった流れにはならなさそうで安心しています。

 

また、株価は回復基調にあり、このまま2番底がなければ、回復にある程度の時間がかかるものの、最悪のシナリオは避けられそうな感じもしてきましたが、問題はいつワクチンができるのか?効果的な治療薬が開発されるのか?ということに尽きると思います。

 

ワクチンができない限り、経済活動を再開しても、また感染拡大して、自粛という流れの繰り返しになるので、今の状況では以前と同じようにとはいきません。

 

目下、僕が懸念しているのは、家賃滞納の増加、家賃保証会社の倒産、そして緊急事態宣言がさらに長引くことになれば、入居者の自殺ですが、今のところは、特にトラブルなく時間が経過していっています。

 

やはり、こういったことになってつくづく思うのですが、自己資本比率を高く、そして、返済比率を低くしておくことは重要だなーと。

 

もし、自己資本比率も一桁台、返済比率70%以上なんて状態だと、少しでもトラブルが発生するとサラリーマン収入の持ち出しになります。また、それが分かるので、精神的不安定な状況が続き日常生活にも影響が出てくる方もいるかと思います。

 

自分が負えるリスクの範囲内で行うというのは、投資の基本ということを、こういった不測の事態が発生している中思いますね。僕は繰り上げ返済をし続けてきたので、本当に良かったなーと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪