ELF85_cryrose500-thumb-260xauto-4274-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日で、あの東日本大震災から3年経ちますね。
僕の感覚としては、3年前に起こったあの出来事は、かなり前のように感じます。
僕は、大震災の後に、不動産を購入したり、中国に派遣されたりしているので、
新しい経験が多いからなのだと思います。

ただ、あの時の揺れ、津波の映像、原発の爆発を恐れ、毎日を恐怖で過ごした日々、
全てがまだ鮮明に残っています。Yahooニュースにヤンキース田中投手のコメントが
記載されていましたが、風化させてはいけないとありました。その通りだと思います。
東日本大震災で亡くなられた方、また、未だに苦労されている方いらっしゃいますが、
毎日を一生懸命生きる。それが、自分にできることなのかなと今は思っています。
今日は、3.11ということで、あの出来事が起こった日に関する出来事をお話ししたいと思います。

地震が発生した日、僕は会社で普通に仕事をしていました。
揺れが今までに感じたことがないほど大きかったのをまだ覚えていますが、
急ぎの仕事があったので、地震発生後も、仕事をしていました。

そして、次に日からしばらく、原発爆発の可能性が発生し、
その中でも、仕事をしていました。
本心を言うと、恐らくあの時は、東京から離れたいという方が多かったと思います。
ですが、会社という組織に属している為、その規律に違反することは許されません。
1人だけ、逃げるなんてことはできません。

その時に思いました。「サラリーマンて、結局会社に飼われている人間なんだな・・・」と。
おそらく、そういう風に思われた方って結構いらっしゃるかと思います。

実際、会社に属して、何をやってきたか分からない、生活の為に仕事をして人生終わるのであれば、収入が少なくても良いから、やりたいことをやろうと一念発起し、独立された方が、
大地震発生後に、通常と比べ多くいたという話は聞きます。

その大地震の際に、自分だけ助かろうと思って、会社を休み逃げた方も少ないですがいます。
そういう方は、今現在の評価がどうかというと、やはり、あの時の事はまだ残っており、
決して良い評価にはなっていないと聞きます。

良くサラリーマンを社畜と呼ぶ方がいらっしゃいますが、
あの時ほど、それを実感したことはありません。あの一件で、僕自身も
人生に対する考え方がちょっと変わりました。

「このままで終わりたくない!」と。
だからと言って、何にも基礎がないところから、
ビジネスを始めるというほど、リスクは取れませんでした。

そして、色々本を読み進めた結果、「不動産投資だ!」と決心しました。
そしてそこから半年がたち、実際に自分の思いを実現させ、今に至ります。
ここまでは、サラリーマンとしての限界を感じた話を申し上げましたが、
反面、不動産投資に挑戦する怖さもありました。

その怖さを構成する要素は様々でしたが、大きな要素の一つにまた地震が起こったらどうしようという思いもありました。
自由とリスクはトレードオフです。

自由を求めるのであれば、その分リスクもついてくるのが、
世の中の条理です。
不動産投資も例外ではありません。

そんな中、不動産投資コンサルタントにこの話をしたところ、
つまり、「東日本大震災よりも大きい地震が来たらどうなりますか?」
と聞いたところ、一言で「終わりです」と言われました。

その言葉を聞いて、そのコンサルタントの方を信頼し、
購入まで至ったのですが、不動産投資に挑戦するのは、
どんなに回りの方に意見を求めても、親しい人に聞いても、
また、不動産投資について知識を持っている人に聞いても、

最終的に決めるのは自分です。
っと言うと、自由とリスクを取るか?
それとも、自由もリスクも取らないか?

どっちを選ぶか?ということだけです。
そこに、特別な能力は必要ありません。

良く、本を見ると、決断することも一つという文言を見ます。
不動産投資の最初の仕事は、そういう意味では、「決断する事」です。

そして、僕の場合は、自由が欲しいという気持ちが、リスクを取る事に対する怖さを
上回っていたので、不動産投資を始めました。

それが正しかったか正しくなかったというのは、まだ初めて2年半、そして、20代という年齢
ではまだ断言できません。しかし、今後どうなっても一つ言えることがあります。
それは、「絶対に後悔はしない」ということです。
自分で納得して決めたことです。

そして、あの東日本大震災という負の出来事を、
逆に、自分の力にして、今に至っています。

そう考えると、あの出来事は、僕の人生において、価値観を変えてくれたという意味で、
本当に大きな出来事だったんだなと思います。

ということで、東日本大震災に関連した僕の決断について話させていただきました。
何か参考になるところがあれば幸甚です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪