a1180_014214-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日は久々に、北京のPM2.5の数値が200を超えています。
思えば冬の頃はこういった日が多かったのですが、
最近は、ここまで空気が悪くなることは少なかったので、
やっぱり、中国って空気悪いんだなと、改めて感じています。
W杯敗退、日本の人口減のニュースと、あまりよろしくないニュースが続いていますが、
みなさん、今日も頑張っていきましょう!

昨日の日経新聞に、日本全体人口減少、東京圏の人口は逆に増加で、
東京一極集中が顕著というようなニュースが記載されていましたが、
このニュースは、僕たち不動産投資家にとっては、直接影響があるニュースです。

僕自身、所有している不動産が、4つは都内、1つは東京に近いかながわということで、
このニュース、どちらかと言えば、いいニュースではあるのですが、
実際と報道されている内容は、若干異なっています。

6/1から空室になっている江戸川区西小岩の物件ですが、
去年成約した家賃と同金額で、入居者募集をしているのですが、
反響がありません、というか、内見すらない状況が続いています。

僕が今まで入居者募集をしてきた中で、
最初の1ヶ月で1回も内見がないという状況は、
正直初めてです。時期もあるとは思いますが、おそらく、この1年で、
若干状況は変わったように思います。

最近の経済状況、また、東京自体の人口は外からの流入人口が増加した結果、
増加しているという状況を考えると、去年成約した家賃で募集しても、
全然問題なく、成約できると考えていたのですが、現実はそんなに甘くないということですね。。。

僕の不動産投資仲間も1人、現在入居者募集をしている仲間がいるのですが、
その物件は新宿から近い地域にあるとない物件です。

最寄駅から15分程度と、距離はありますが、立地は悪くない物件です。
でも、その物件も、前回の入居者が1年程度住んで、退去した物件なんですが、当初は1年前と同じ家賃で募集をしていたものの、現在はそこから家賃を下げても、なお空室が埋まらないという状態が3か月以上続いているそうです。

正直、僕としては、なぜこんなことが起こっているのかは分かりません。

でも、実際こういうことが起こっていることは、世間が言うニュースにのせられて、
東京圏に不動産を所有しているからと言って、楽観視できる状況ではないという事実です。

やはり、マニュアル通りにリフォームを行う、入居者募集を行う、
これではダメなのでゃないかと思い始めています。

どこかで、自分の個性を出していかないと、入居者の方の目につかない為、
内見すらしてくれない、そして、何ヶ月も空室の状況が続く、
そうなりかねない状況です。

でも、どこで個性を出していくのか?

これは考えていかなければならないし、試し試しになるでしょう。
特には、これはいける!と思っても、実際やってみたら、反応があまり変わらない、
あ、これはいいかもというような繰り返しの中で自分の方法が生まれてくるはずです。
とりあえず、今日申し上げたかったのは、

ニュースで報道されている、賃金上昇、東京圏人口増加
という事象は賃貸需要にはそこまで影響してきていないということです。

よって、どこの物件を所有していても、継続的に努力し、
より効果的な入居者募集を研究していく必要はありだということです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪