a1150_001316-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日は、朝起きた時は空気が悪かったのですが、
出勤前に恵みの雨が降り、久々に空気が良い中で朝を迎えることが出来ました。
今週は、月次決算で通常よりも仕事が忙しい週ですが、問題なく乗り越えられそうです。
この毎回行ってきた月次決算も後5回程度で終わると思うと何か不思議な気分ですが、
中国滞在中に、自分がいた証をなにか1つでも残すことが出来ればと思う次第です。

昨日、具体的にキャッシュフロー計画を見直しました。

まず、おおざっぱに僕の現時点での直近計画を申し上げますと、
来年年初の帰国時に、5つある物件の内、1つの物件のローン全額を返済し、
その後、1年程度お金を貯めて、来年年末から再来年年初に、1棟マンションを購入。

その際に、ローン全額返済したマンションを担保にし、頭金として1割程度入れる予定です。

そこで、今のキャッシュフロー的に、来年年初にローン全額を返済する資金力があるか
どうか検証したのですが、なんとか、計画通りいけそうな数字になっていました。

年初にたてたキャッシュフロー計画から、家賃が3万円下がったり、
2部屋が空室になったり、また、計画外のリフォーム工事が発生したりと、
悪いニュースばっかりだったんですが、好景気の為、ボーナスが想定以上だったのと、
何より一番は、かなり節制をしたため、予想以上に貯金ができたこと、
これが、最終的に計画通りのキャッシュフローで推移している大きな要因です。

本来、不動産投資は、自分を自由にするために行う投資だと考えています。

しかし、不動産投資を拡大しようと考えた場合、ある程度我慢の時期というのは必要で、
その期間は、不動産投資を始めたことによって、逆に自由がなくなるような感覚になります。

実際、僕の場合で言えば、この中国滞在中は出来る限り貯金をし、資金力をあげることを
目的としているので、不動産投資をやっていなかった場合と比べても、
かなり節制をしています。その分、長期的に考えれば、気持ちは楽になります。

そもそも、節制という意識がなくても、不動産投資を始めてから、無駄な出費が
減りました。それは、確かなお金を貯める意義が出来たからです。

それまでは、ずっとサラリーマンという想定の中では、毎月安定的に
キャッシュは入ってくるわけで、逆に、貯金をしている自分がいたら、
貯めこんで何をするの?という考えになり、財布のひもは緩くなる傾向にありました。

これがいいかどうかは、人の価値観によって異なる部分ですが、
僕は、社会人、30歳にもなろうとしてい人間が、まだ夢を追うことができている。

そういった環境の中で生きられることは嬉しいと思っています。
現に、この来年年初に向けたキャッシュフロー計画ですが、
明確な数字上の目標の中で動いています。こんな明確な目標を
持って、1日1日過ごしている方って、少ないと周りの知り合い、友人
の話を聞いていて良く思います。

僕が、来年年初のキャッシュフロー計画を達成できるかできない。
これは、まだ5か月ほどあるので、確定したとは言えません。
しかし、少なくとも自分の資金状況、目標までにどれだけのキャッシュが
必要なのか、それははっきり把握しています。
これは大きいです。

やみくもに1日1日過ごすよりも、1日1日目標を持って過ごす。
僕は、そんな人生の方が充実していて好きです。
その為に、こういった計画を作ることは重要です。

上記に申し上げたように、
若干の余裕をもって、今は推移していっていますが、
この5か月間、トラブルがあっても、
自分の力で立て直して、計画達成したいと思います。

みなさんも、何事もある程度の計画をたてることをお勧めします。
計画を立てることによって、1日1日の過ごし方が大分変ります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪