今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今日は昨日の続きになります。

昨日の記事で定量的な目標の作成方法についておおまかお伝えさせていただきましたが、来年は金利交渉があるので、勝負の年だということをお伝えしました。今日のその金利交渉の話からお伝えしていきたいと思います。

 

僕の不動産投資仲間はスルガ銀行でローンを集約していますが、彼は4.5%⇒2.8%まで金利を下げています。その方法として、4.5%のままだと自己破産することになるので、助けてくれないか?というトーンで交渉をし、金利引き下げを勝ち取りました。

 

ただ、この方法は一般的ではないと思います。

 

通常は、経営がうまくいっているし、金融機関内のランクも上がってきているので、リスクも下がったことだし金利を下げてよというのがあるべき流れであって、僕も今回その流れで金利交渉を進めます。

 

今年は色々と資産価値アップのための投資が出来ました。

また、稼働率についても、所有してからの年間ベースでは一番高い97%越えになりました。

しかも、昨年や一昨年はフリーレントを活用していたこともありましたが、今年はフリーレント等の募集条件緩和は行わずこの結果です。

 

ということで、こういった資産価値アップやコスト削減、稼働率の更なる改善を分かりやすく金融機関の担当者にお伝えするというのが僕の役目だと思っています。そのためにそろそろ資料のフォーマットを決めようかなと思っています。(気が早すぎるかもですが笑)

 

来年の計画は金利交渉がうまくいかない想定、つまり、今の金利水準と同じで推移していくことをベースに作成しますが、仮に金利交渉がうまくいけば、毎年のキャッシュフローが改善するばかりではなく、残債の減るスピードが早くなるので、良いことしかありません。

 

そして、この金利交渉の成功可能性を高めてくれるのが携帯基地局の設置だと考えています。基地局の設置がなくても、既に交渉材料はそろっていますが、設置が実現することによりその交渉材料に厚みが出ます。

 

ただ、僕の考えとして決まっていないことを計画に織り込むべきではないというのがあるので、今は決まっていることしか計画に織り込んでいません。

 

もし、全てのことがうまく言った場合は、次の投資規模拡大も考えられる状況になるかもしれません。そのような状況に持ち込めるのであれば、今回の1棟購入で苦労したことは出来る限り避けるべく色々と計画をたてて進みたいと思っています。その頃にはFXトレードの方でもある程度の収益を得ている状況であれば、+αで事業拡大のサポートが厚くなるのですが、今はそれは考えず、見えているものだけを定量化していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪