今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

毎日コロナを絡めた記事になってしまっていますが、実際に今はコロナの影響がどういった局面で出てくるのか日々考えているので、そうなってしまいます。

 

コロナの影響で、実際に在宅勤務になったり、内定が取り消しになったり、一時解雇になったり、雇用に実際の影響を与え始めています。

 

僕がサラリーマンとしての地位がいきなりなくなるということはなさそうですが、来年度の給与には影響が出そうです。ここまで世界的に景気減速すると、否が応でも給与は下がります。

 

僕が勤務している会社は、ボーナスが業績に連動している部分もあるため、全社の業績が悪くなると、ボーナスが少なくなります。さすがにゼロになるまでにはならなさそうですが、少なくなるでしょうね。

 

そこで、昨年末に作った今年のキャッシュフロー計画も変更しないといけないなーと思っているのですが、そもそも、給与の部分は保守的に少なく見積もっていました。ということで、計画と比較して、大きく下振れることはなさそうですが、もともと見ていた余裕がなくなりそうなので、何か想定外のことが賃貸経営で発生した場合は、計画比マイナスになる可能性もあります。

 

また、それ以外でも、想定外の事態も発生しているため、キャッシュフローの計画をもう少し保守的に作成しようと思っています。

 

僕が不動産投資を始めてから、年末に作成したキャッシュフロー計画を下方修正したことってないのですが(計画を保守的に作成しているので)、今年はありえるかもしれないと考えてしまうぐらい、このコロナの先行きが読めないです。

 

僕が経済学者ではないので、具体的な影響はパッと言えないのですが、東京五輪が延期になることの影響も気にはなります。もともと東京五輪が終わるまでは、日本の不動産価格は上がる、終わってから下がっていくといわれていましたが、延期した場合はこの部分どうなるのか?ということです。

 

それと、昨日のブログでも申し上げましたが、昨今の株価の急落がどの程度不動産価格に影響を与えるか?という部分です。

 

サラリーマン大家でローンを背負って収益不動産を購入した方の多くは、投げ売れるほど資力がない方がほとんどですが、そういったサラリーマン大家がマーケットのメインではないでしょうし、先行きが不安ですよね。

 

こういった事態も想定して、手元資金は厚くしていたので、資金ショートすることはなさそうですが、将来の計画を今の現状ベースに再度置き換えて、不測の事態に備えていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪