今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

本業での人事異動が5月より決定し、自分が新しい職場で何をやるかが見えてきました。今回の異動は珍しく、自分の意向が通っての人事異動です。もうサラリーマンも丸々10年やっていることになり、そろそろ会社に貢献できるようになっていきたいなと思っている次第です。(←サラリーマン化してきてますw)

 

僕の新しい職場は財務になりました。今まで経理畑でずっと歩んできたので、やることが結構違います。経理では、既に起きた事象をどのようにして財務諸表として開示していくかということがメインとなり、財務は、その財務諸表を基にして、将来会社をどのようにしていきたいか?お金をどのように借りるのか?資産をどのように有効活用していくのか?ということを考えていくというのがざっくりとした違いだと思っています。

 

不動産投資では、経理の知識ももちろん重要ですが、財務の知識も重要です。まさにお金をいかにして借入するかというのは、不動産投資の根幹になってくる部分ですし、不動産という資産をどのようにして有効活用していくのか?という部分も同様に重要です。

 

ということで、新たな旅立ちに向けて、かなりモチベーションが上がってきています。そもそも、昨年大きな物件を購入してしまった時点で、しばらくはリタイアを考えられないということは重々承知しているので、サラリーマンとして働く決意は出来ています。その仕事内容が自分の興味がある分野に変わること、しかも、それが不動産投資にも活きるような分野だということは、非常にありがたいというか、運が良いなと思います。

 

話は変わりますが、5月に異動する前にはっきりしておきたいことがまだ1つ残っています。宅建保証協会による供託金が下りるか否かというの事です。おそらく、4月中に結果が来る可能性が高いのですが、これが下りるか下りないかは結構大きいです。

 

契約書関係が揃っていないので、下りない可能性がないと思ってはいますが、結果が出るまではやはり気にはなってしまいます。今後の資金計画であったり、引っ越しする先の家賃につても、被害に遭った金額が戻ってこないという前提で数値を作っているので、承認がされなかったら、それはそれで致し方なしという状況ではありますが、それでも、多少は精神的なショックはあると思います。

 

過去の事にとらわれすぎていたら、前に進めません。ここから得られた教訓は大事にしながらも、常に前に進んでいきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪