a0002_002578-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日は、お昼から北京の故宮、景山公園、北海公園と北京の観光スポットを回ってきます。
既に北京に来て、1年ちょっとが経つのにも関わらず、まだ言ってないことを昨日気づき、
行かねばと思い観光する次第です。他にもまだまだいけてないところが色々あります。
今の気温が温かいうちに、行けるだけ行っておこうかなと思っています。

中国に来て、よく日本について聞かれることがあるます。
その度に、自分て日本に長く住んではいるけど、日本のこと知らないなと痛感させられます。
逆に、日本のことについて聞いてくる外国人の方が、その面については、知識を持っていることさえあります。

しかし、自分は日本人だということで、日本のことについては、日本に住んだことがない外国人
よりも知っているだろうと思い込んでしまう自分がいるのも事実です。
つまり、知っている「つもり」という状態です。

こういった、「つもり」って結構あったりすると思います。
例えば、僕のように、中国にある程度長い期間住んでいて、中国のことを知っているつもりでいても、実際は、全然知らない。ただ、生活した事実があるというだけということもありますし。

日本の、ある特定の地域に住んでいたとして、
その土地の郷土料理であったり、歴史であったり、その土地特有のものを
実は全然知らないってこともあったりします。
この「つもり」、実は不動産投資にも存在します。

どういった「つもり」かというと、自分が所有している不動産なんだから、
この不動産については、知っているでしょうというつもりです。

でも、賃貸管理会社さん、もしくは、入居者さんから質問があったときに、
気づきます。あれ、自分って、実はこの不動産について知らないかも。。。と。
僕は、中国に来る前に、各不動産ごとに自分で項目をつくり、
中国にいても、何かトラブルが起きたときに直ぐに支持が出せるように、
自分で調べ、ちょっとした表をつくりました。

その表の項目というのは、以下のとおりです。
1.住所
2.最寄駅
3.最寄駅からの徒歩時間
4.専有面積(含む、バルコニー)
5.間取り
6.築年月日
7.築年数
8.現在賃料
9.1㎡あたり賃料
10、周辺1㎡あたり賃料(12年8月現状)
11.現在の適正家賃(12年8月現状)
12.現在居住者
13.居住年数
14.敷金
15.契約締結日
16.更新期間
17.エアコンの有無、グレード
18.トイレのタイプ
19.洗面台のタイプ
20.オートロック有無
21.浴室のタイプ
22.キッチンのタイプ
23.床の状況、タイプ
24.有線等接続状況
25.ペット可否
26.管理状況(管理人営業時間)
27.物件管理会社
28.物件管理会社の連絡先
29.賃貸管理会社
30.賃貸管理会社の連絡先
31.管理手数料
32.駐車場有無
33.駐輪場有無
34.その他コメント
35.物件周辺の不動産屋情報

僕は、ここまで調べて、エクセルの表A41枚の紙にして、
保管しています。僕が中国に来て、1年8ヶ月が経とうとしていますが、
その間、3つの部屋が空室になりました。

その際、賃貸管理会社から、色々物件に関する情報を聞かれるわけですが、
その際に、非常に役に立ちました。
我ながら、こっちに来る前に作っていてよかったかなと思います。

ということで、僕が、自分の不動産について100%熟知しているとは言いません。
でも、熟知するための努力はしているし、この部分に関しては、知っているつもりでは
いけないので、自分で調査もし、実際役に立ちました。

みなさんも、もし、自分が知っているつもりかもしれないと感じたら、
時間を見つけて、1回、自分の不動産について調べてみる。
そういったことも、より安定した不動産運営をするための1つのキーだと思って
いただければ幸いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪