今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
引っ越し先、引っ越し日ともに確定。優良条件で決まりました!

人気ブログランキング



最近、周りの不動産投資仲間から業者がとんだ、つまり破産したという話を良く聞きます。
特に、土地から仕入れて、建物をたてるという流れの中で、建物の建築を請け負っている業者が資金ショートになり、自己破産、着工途中のまま逃げられるという話をちょこちょこ聞くようになりました。

また、先日もシェアしたような、サブリース会社が破産するという話もあります。

僕は以前から土地から仕入れて、1棟を建てるということも考えていたので、こういった話を聞くと、ちょっと怖くなります。やはり、最初は上物があるモノの方が良いのかなと思ってしまいます。

こういった業者の破産につられて、借り入れたお金を既に相当程度支払いをして、それが全く返ってこないという事態が発生すると、場合によっては一発退場となります。特に初期の頃は基礎体力が弱いと思うので、業者の自己破産につられて自己破産というのも良くある話です。

こういった時に、僕が本業で学んでいる会社の財務諸表を見るというスキルが役立つのかなとも思います。取引をしようとする会社に関する財務データは、少なくとも帝国データバンクを通じて確認すべきですが、それを見ても何も分からないという財務知識では、やはり危険です。

本業では、経理財務と全く関係ない仕事をしていたとしても、こういった知識はやはり拡大していくうえでは重要なのかなと、自分を守るためには。

もちろん、良い物件を見つける、市場のゆがみを見つける能力があってこそです。
それに財務知識も身に付けば鬼に金棒です。

難しいのが、だからと言って財務的に安全性が高い大手に依頼すると、コストが増えます。だからこそ、そういった中小の業者に請負工事をお願いする投資家が多いのかなと思います。

サブリース、建築請負依頼等々、大きな金額を他人に依頼するのは大きな事です。あちらは商売でやっているので、良い事しか言ってきませんが、何かあった時に責任をとるのは結局自分です。

どんなに訴訟をしたり、法的措置をとったとしても、その張本人に逃げられたらおしまいです。また、債権を回収する過程で発生する精神的苦痛は計り知れないものがあるでしょう。想像しただけで、ストレスを感じてしまいます。。。

まだ僕が取引業者にこういう無責任な会社はないですし、自己破産したという話はないのですが、他人ごととは決して思えないので、そういったリスクも認識しつつ、お金を払って委託する会社はしっかり選別していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪