今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
あともう少しで4連休です!

人気ブログランキング

 

 

今日は久々に民泊のネタです。

今年はほぼノートラブルで順調に運営が出来ていますが、先日JTBも来年の民泊合法化を睨んで、民泊事業に参入するというニュースが出ていましたね。

 

合法化になると規模の経済でそういった大企業との競合が発生し、更に運営は厳しくなるんだろうなとみています。ただこうなることは分かっていたので、今年中に出来る限り利益を享受しておくというのは変わりません。来年はどうなるか分かりませんので。

 

初期投資を回収してからもう大分経ちましたが、今年中にもしかしたら、初期投資が2倍になって返ってきたというレベルまで利益を享受できたことになるかもしれません。今残っている3部屋はおそらくいきなり撤退するということはないので、少なくとも来年の6月ぐらいまでは運営できるとみています。

 

株式投資やFXで投資した金額が2倍になって返ってくることってあまりないかもしれませんが、民泊では投資から2年でこのように投資金額が2倍になってくるというのが可能です。

 

しかも僕の場合は、途中で民泊管理代行の会社と色々トラぶったり、新しく始めた部屋を撤退したり、トラブル続きだったのにもかかわらずこうなったわけですから、何もトラブルなく運営し続けることが出来ている方は相当儲かってるんだろうなと思います。

 

ただし、それは民泊がグレーだったからこそです。何事もグレーの事って儲かります。ブラックの事の方が利益は取れますが、それをやると違法なのでそれは自己責任となります。それが行き過ぎると逮捕とかになっちゃうんでしょうね。まさに金の亡者です。

 

それが、ホワイトに転じると、一気に利益率は下がるでしょう。

今回の大手企業が次々と民泊参入を決めている流れは僕たち個人民泊運営者にとっては脅威です。ですが、ホワイトになるのであれば、参入者が増えるのは当たり前のことで、そうなる前に手を打っておくというのが大事だと思います。

 

これからも引き続き儲け続けるのは民泊管理代行会社でしょう。彼らは先見の明があったと言えます。より多くの観光客が民泊を利用してくれれば、それだけ彼らがとれる手数料は多くなります。それを見据えて、管理代行を始めた僕が委託している会社の社長はさすがだなと。まさにそういう流れになっています。

 

まだ来年いっぱいはある程度運営でき、もうリスクもないのと、この経験から色々学ぶことが出来ています。やはり、ビジネスにおいて流れというのはあり、その時流に沿って先を読んで動けるものが勝つこと。これは大きな学びです。

 

ここで学んだことを不動産投資においても活かしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪