みなさんこんにちは!

今日は、出国前最後に、中国赴任時に自分の不動産を
守ってくれる方と最終的なお話をしてきます。

一番のポイントになるのは、やはり不動産が空室になった時の
処理に関してです。まず、今お世話になっている方と不動産を
購入した時に締結した契約では、空室時は、家賃の80%程度負担して頂く、
ことになっていますが、それを中国赴任時二年間にも適用して頂く
よう交渉を進めていこうと思っています。

それと、リフォームに関しても話さなければなりません。
僕は、リフォームは不動産に付加価値を加える数少ない機会
だと考えています。だからこそ、変にお金をケチり、やるべき工事を
やらないで入居者を迎えることは絶対にしたくはありません。

だからと言って、現在は資金にそれほどの余裕がなく、必要以上の
工事をかけることは厳しい状況ではあります。
ですので、必要最低限の工事をやって欲しいという旨を伝えようと
思います。

僕自身、何事も自分自身で行うことが一番楽です。逆に、人に任せる
事は物理的に楽であっても、精神的には、僕にとって若干負担になります。
不動産の場合、どうしても人に任せなければいけません。専属大家なのであれば、
別ですが、そんな方なんてほとんどいないですし、サラリーマン大家であれば、
清掃、立ち会い、入金管理、リフォーム工事等、一人では時間帯的にフォロー
できません。

僕にとって、他人を信用して仕事をする。それは、自分を成長することにつながっています。
他人を信用するということは、勇気が入りますし、それだけ人を見て、自分で判断しなければ
いけません。変な人をパートナーに選んでしまうと、自分に影響してしまいます。

だからこそ!人を見る目を養う努力をし、その過程で、自分が成長すると今は思っています。
とにかく、今日は出国前最後の面会になるので、詰めるべき点を詰め
、安心して中国に行けるよう、しっかり話をした上で、感謝の意を述べて締めることが
出来ればと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪