今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
今日も頑張っていきましょう!

人気ブログランキング

 

 

業者との接触方法としては、直接連絡を取り、個人面談の予約を取り打ち合わせをするという流れか、紹介してもらうか、セミナーに参加して、その後面談し、後日また個人面談を行うという大きく分けて3パターンあると認識しています。

 

僕は基本、セミナーに参加してから、その日中にちょっとした30分程度の個人面談を行い、その後もっと長い個人面談(1時間程度)をしてもらうという流れで、いろんな業者とあっているのですが、個人面談をすると大体この物件どうですか?といった感じで、具体的な物件紹介をしてきます。

 

当初はその流れに慣れていなかったので、自分で作成した物件選別エクセルを持ち歩かずに、その場で判断ができない状況でいたのですが、最近は慣れてきたので、セミナーに行く際はノートパソコンも持ち歩くようにして、その場で大体は判断できるようにしています。

 

ということで、先日、とある業者からさいたま市の新築アパートを紹介されましたのですが、その時はノートパソコン完備しており、その場で大体の数字を把握することができました。

 

想定通りの家賃収入が本当に入るのであれば、それなりのCF率になったので、決めようかなとも思ったのですが、一点気になったのが、想定賃料の適正性です。

僕はさいたま市出身ということもあり、この地域についても多少は知ってはいましたが、㎡当たりの賃料が僕が所有している都内のどの物件よりも高いというのが気になり、その場では回答できないので、明日中に回答するということで、その場は終わりました。

 

次の日に周辺の管理会社へヒアリングをかけたところ、否定的な意見が続出。

その賃料設定で、大体同じ立地条件、部屋の条件で建てられた新築アパートが入居がつかずに半年も決まらず、家賃を下げてようやく決まったという話を聞きました。

 

そういった意見が2社から出たので、この案件は撤退だなと思い、すぐにその業者に断りの電話を、断った理由とともに話をしたのですが、なんだか不機嫌そうな感じでした。

 

しっかり想定賃料で入る地域でこの利回りで購入できるような案件があれば、購入しますという話はしたのですが、電話越しの声のトーンは低くおそらく、これでこの方との関係性は切れてしまうんだろうなという感じでした。

 

最初に紹介してもらった物件が投資基準に合わず、断ってしまうとほとんどのケースで関係性は切れてしまうと思います。紹介であればまた違うのかもしれませんが。

ということで、それも含めて縁なんだろうなと思います。就職活動と一緒だなーとつくづく感じます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪