今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
今日から連休に入ります。この期間にしっかり基礎固めをしていきたいと思います。

人気ブログランキング

 

 

最近は、初心者サラリーマンがいきなり数億円の1棟マンションを購入するということが融資環境的に難しくなってきていますが、逆にそれによって救われている人の方が多いのではないかと思います。

 

賃貸経営の経験がない、かつ、自己資本があまり整備されていない(数億円の借入をしてしまうと自己資本比率がいきなり一桁%になってしまう)状態だと、仮にその物件が購入後厳しい経営になってしまうと、すぐにサラリーマン給与を持ち出さないといけないということになりかねません。

 

そして、その金額がどんどん膨れていき、最終的にはサラリーマン給与から月々の生活費を引いた金額でも賄えない規模になってくると、最悪自己破産ということになってしまいます。

 

しかし、通常の賃貸経営で自己破産してしまう方というのは5%以下です。

しかも、この5%ぐらいには、住宅ローンで自分で住む家を購入して、お金がまわらずに自己破産してしまったという方も少なからずいますので、純粋に不動産投資として賃貸経営を始めた方がお金が回らなくなって自己破産してしまうという可能性は低いというのが現状です。

 

ただし、これは現状です。近い将来日本の人口は減少していきます。

でも、建売会社やゼネコンは住宅を建築し続けないとビジネスが成り立たなくなってしまうので、物件の供給は今後も続きます。

 

そうなると、需要と供給の観点から、賃貸経営が厳しくなっていくことは誰もが分かる事実だと思います。

 

なので、僕はいつも言っていますが、最初は小さい規模から始めることをお勧めします。

あと、1棟を始めて思いますが、1棟と区分では経験出来ることも違いますし、入居者募集の大変さも違います。

 

なので、自分の経験を広く高めていくためには、小規模1棟アパートとかで最初は挑戦したほうが良いのかなと。RCだと金額が大きくなってしまいがちですので。

 

あと、最悪の事は考えておいた方が良いです。

もし、家賃が0になっても、自分の今ある貯金や給与差し引き後のお金で3年程度は普通に暮らしていける程度の規模から始めていった方が良いです。リスクに過敏になりすぎかもしれませんが、それぐらいのことをやっているという認識は持った方が良いと思います。

 

と、悪いことばかり書きましたが、何事も始めてみないと分からないことが多いです。

不動産投資に関しても、同じことが言えますので、始めるか否か悩んでいるのであれば、まずは小さい一歩を踏み出してみては如何かなと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪