今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

この1月~3月は賃貸繁忙期であるとともに更新契約が続く時期でもあります。、更新時には更新料が発生するので、そのタイミングで退去を考える入居者も出てくるのですが、今のところ更新をしていってくれています。

 

この更新のタイミングで退去する入居者が多いということは、物件に何らかの問題がある可能性が高いと考えています。例えば、騒音であったり、室内の断熱状況、そして室内の匂い等々です。これらの問題が物件そのものの瑕疵だった場合は長期保有すべきではないと思います。後々大きな費用が発生する可能性も高くなりますので。

 

僕が所有している1棟は、更新のタイミングで退去される方は多くなく、更新時期とは関係のないタイミングで退去される方が多いので、物件自体の問題は多少あったとしてもそこまで致命的ではないのだと思います。

 

今年の繁忙期に更新される方は、僕がこの物件を所有して初めて迎えた賃貸繁忙期で入居してくださった方が多いです。あの頃と比べるとキャッシュフローも改善しましたし、コストカットも進み、設備投資もできているので、大分良い状況にはなりつつあります。

 

法人としての決算が今年4月末で3年をむかえるということで、金融機関からの評価も高まります。購入した当初はそれまでに経験したことがない頻度で退去が発生するので、将来的な保有について不安でしょうがなかったのですが、今はこの物件の退去頻度や空室期間等にも慣れつつあり、自分の“日常”の中で対処できることがかなり増えました。

 

ただし、僕が購入していたマンションは、上述の物件自体の瑕疵等々、あまり調査せずに購入してしまった経緯もあるので、次に物件を購入することがあれば、1棟を3年所有してからこそわかる視点も含めて物件吟味をしていきたいと思います。

 

今のところ更新料が順調に入ってきていますが、緊急事態宣言解除後に一気に退去者が増えることも想定しておかなければなりません。油断することなく、今期決算を収益最大化を目指して精進していきたいと思います。

 

1棟6部屋とかの規模だと1年間通じて退去ゼロなんて年もあると思いますが、24部屋で、しかも単身向けとなると1年通じて退去ゼロというのはあり得ないと思います。そう考えると、やはりDINKSやファミリー用の40㎡以上の物件を今後は所有していきたいなーと思います。単身は退去が多いですからね~。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪