今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

僕の本業の人事異動も周りに公表され、後任の方も公表されたことによって、人事異動の実感が段々と湧き始めています。そこで、本業にかける時間が今より長くなるのは必至なので、賃貸経営の効率化の方、今取り組んでいます。

 

まず、先月に既にやったことについては、管理費・修繕積立金及び固定資産税の引き落とし口座がバラバラになっていたのを、1つの口座に集約しました。厳密にいうと、あと地区の固定資産税については、メインの口座がその市区町村と提携していないので、引き落としが出来ないと言われ、なくなく給与振込口座にしました。

 

また、法人税の月次顧問料を自分で仕訳を入力することによって、月々1万円ちょっとコスト低減できました。これは結構大きな削減です。将来的には月々の顧問料は0にして、申告書の最終チェックのみ行うという形にして、年間コストを10万円程度まで抑えられればと考えています。

 

それに加えて、今、個人で借入れているローンの金利引き下げ交渉をしているところです。まだ返事は来ていませんが、もし想定通りの金利の引き下げが出来た場合は、月々1万円弱キャッシュフローが改善するのでこれはこれでやっていきたいと思います。

 

その他にやはり効率化していきたいのは、1棟マンションの入退去に伴う空室対策です。

退去立会い、鍵の設置、リフォーム、入居者募集、契約手続きという一環の作業を、いかに効率的に、低コストで出来るかという部分です。

 

特に退去立会いとリフォームについては、今体制を整えなければならない状況です。僕としては、いつも使っているリフォーム業者にお任せしたいというのがあるのですが、管理会社経由で退去立会いを依頼している業者は、自分達にリフォームを任せてくれているという前提で、退去立会いをやってくれているらしいので、このまま僕が他の業者に依頼し続ければ、退去立会いの料金を上げられる可能性があると言われ、ちょっと悩んでいます。

 

僕としても、管理会社の方で退去立会いから契約手続きまですべて一環してやってもらった方が手間がかからないという意味で楽なのですが、それだと搾取されかねないので、こういったコストが絡むことは話し合いをしながら、面談しながら、じっくり決めていければと思っています。そのリフォーム業者に依頼をすることによって、その管理会社にも何らかのメリットがあるので、自分達のリフォーム業者を使って欲しいということになると思いますが、条件を出すことによってなめられないようにしなければなりません。

 

ということで、異動まであと2か月程度、詰めるべきことをしっかり詰めていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪