b85252ec51fe6652f77854c073722ebb_w

 

皆さんおはようございます。

 

今日は、なんと管理職の方全員休暇というあり得ない事態(笑)

株主総会が終わり、その準備で疲れたのか、休みが多い状況となっています。

ただ、僕はというと、来週の出張に備えて、色々準備しなければいけないことがあるので、

今日も社畜になりたいと思います。

 

6月の14日に前の入居者が退去し、現在空室募集を行っている部屋の状況ですが、

なんと、昨日、早くも入居申し込みが入りました!

 

リフォームが、ちょうど今週日曜日に終了し、来週の月曜日から入居可能としていたので、

もしこれで決まれば、リフォーム中の決まりということで、目指していた史上最速での入居者獲得になります。

 

今回は、特別なことはやっていません。

ただ、今回、運がよかったのは、前の入居者が2か月前という早めに解約通知を出してくれたことに加えて、6年間と入居期間としては決して短くない期間部屋を使っていたのにも関わらず、かなりきれいな状態で部屋を明け渡してくれたので、費用を想定よりも抑えることが出来ましたし、リフォーム期間も短く終えることが出来ました。

 

今回僕がやったことと言えば、退去の1か月前に、近隣の不動産屋に飛び込み営業で、

物件のチラシを持ち込み、退去日と募集条件(家賃、敷金、礼金等)を伝えたこと。

そして、それと同時に、リフォームの見積もりをお頼みしたこと。

 

そして、退去後に部屋を見に行き、リフォームの見積もりを、一番コスパが良いと思ったところにお頼みしたぐらいです。

 

あとは、待っているだけです。

入居者募集ってこんなものです。

 

でも、こんな簡単なことですら、めんどくさがってやらない大家もたくさんいます。

 

たとえば、今回、もともと管理していた管理会社は池袋にあります。

そして、今回空室になった部屋は大田区ということで、距離的に離れており、

どうしても、その物件最寄駅付近にある不動産屋と比べると、入居者募集は弱くなります。

 

でも、楽をしようとする大家は、その池袋の管理会社に入居者募集であったり、

リフォームの見積もりを頼みます。

 

そうすると、リフォーム費用は内容に割に高くなり、入居者募集の期間は長くなるという可能性が高くなります。それでも、彼らは自分自身であまり動きたくないので、

のほほんとして、空室期間が3か月とかぐらい、人によっては半年ぐらいすると、

ヤバいと思い、自分で動き始める人も結構周りにいます。

 

僕は上記でやったことは、時間で言うと、3時間~5時間の作業です。

そこまでの移動時間を考えると、もっとかかっているかもしれませんが、

大幅には変わりません。

 

これをやるかやらないかで、1か月多く家賃収入をもらえる、

もしくは、リフォーム費用を数万円でも削減できるのであれば、

やる価値は十分あると思います。時給にしたら、相当高い作業ですからね。

 

まだ、入居者が完全確定したわけではないので、

決まったら、シェアさせていただきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪