今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

最近は本業が忙しく、それ以外のことに時間を費やすことができていない状況ですが、その中でも子供は無事にすくすく育っているようです。今のところ、8月末が出産予定日になっているのですが、妻の大きくなっていくお腹をみて少しずつ実感がわき始めてきている今日この頃です。

 

それと同時に、子供のためにも将来的なことを考えていくべきだよなーとも思っているのですが、その中で税金対策というのがあります。この税金対策というのは、僕の所得の節税ではなく、相続税の話です。ちょっと気は早いですがw

 

僕はCFPの勉強で若干相続税の勉強もしているので、多少知見があるのですが、相続税対策は早めに始めておいて損はないという感覚を持っています。例えば、不動産購入にしても、個人で所有していくのか、法人で所有していくのかで相続税は異なりますし、合同会社にするのか、株式会社にするのかでも、異なる部分はあると思います。

 

そういったことを把握したうえで、今のうちからベストの形態で運営をしていくほうが良いと思います。投資規模が大きくなればなるほど、こういった対策は大きな効果を生みます。自分が相続税を気にするレベルまで富を得られるかはわかりませんが、知っておいて損はしないことだとは思います。

 

このように何事も始まりがあれば終わりがあるわけで、多くの人が始まりの時にかなり盛り上がって後先考えずに始めてしまい、終わりの局面になって後悔するなんてことはよくある話ですよね。

 

不動産投資家における相続税の話もまさにそれだと感じていまして、40歳ぐらいまでにはこの相続税についてある程度網羅している状況にはなっていたいと考えている次第です。

 

もちろん、一番重要なのは所有物件の運営状況ではありますが、それと並行で考えていくべき問題だと思います。先日知り合いの投資家さんから指摘を受けてはっとさせられたというのが大きいのですがw

 

それと同時に規模拡大を続けていくのであれば、次に購入する物件は非常に重要な意味を持つと考えています。ここ5年以内に海外駐在の可能性も十分にあり得るので、ある程度遠隔でも運営できる物件という条件は外せないので、利回りではなく、資産性や稼働安定性を重視ですね。

 

話がずれてしまいましたが、物件所有をしている方はお時間があれば相続税について考えてみていただければと思います。インターネットで調べるだけでもそれなりの情報が得られると思いますので。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪