みなさんおはようございます。

昨日、日本に久々に帰ってきました。
今は、日本にある実家からメールを打っています。
僕が日本にいるこの1週間は天気も良く、気温も穏やかということで、
帰国時にこういった気候になったこと感謝です。

この1週間で、色々たまっていた日本でやらなければならないことをやりたいと思います。
帰国日一日目にして、既に気づいてしまいました。日本は最高だと。w

これは、もちろん僕が日本で生まれ育ち、食事も和食で育ってきたからだという理由もあるかもしれません。

しかし、それを差し引いて、客観的に見たとしても、やっぱり日本はいいと思います。
例えば、水。水道水でお米を研ぐ。水道水を飲む。水道水でお皿を洗う。こういったことを何の心配もなくできる国ってあまりないです。中国では、日本人が住むような高級アパートでさえ、たまに水道水が濁ったりします。

あと、水と関係しますが、食の安全。これは、やはり日本の強みでしょう。特に、中国のような発展途上国に住んでいると、店で食べたのに、その後、おなかの調子が悪くなることなんて、ざらにあります。しかも、そのいった食の衛生上の問題に関して、中国人ですら自覚しているにもかかわらず、なかなか、良くならないという状況であり。国民も不安を抱えている状況です。

あと、空気。これは、中国に住んでいるからこそわかることですが、本当に、空気がおいしいと思います。日本では、普通に空気がよく、周りが見渡せるほど空気が透き通っている日が普通ですが、中国では、こういった日が逆にまれです。基本的に、空気にスモッグがかかっており、透きとおるような空気というのはあまりありません。

あと、食事が健康にとってよいですね。。。中国の東北部では、油が多ければ多いほど、料理がおいしくなるという概念があります。地元に住んでいる中国人もそういう風に考えていればいいのですが、実際はそうではありません。地元の方々ですら、外食は油が多いから、自分で作った方が健康に良い。と考え、自炊をしているのが多いという状況です。なぜ、地元の方々が既にそういう事実に気付いているにもかかわらず、状況がよくならないのかが、非常に不思議なんですが。。。

上記、なんか、中国に住んでいることの不満を発散したかのように聞こえるかもしれませんが、意図はそこにありません。

まず、世界的に見ても、日本は良好な住環境が整っているということが伝えたく。そのうえで、将来の日本の賃貸市場に与える良い影響をお話ししたく、その根拠を話させていただいた次第です。

つまり、日本人の人口が減少していったとしても、外国から日本に流入してくる人口、つまり、移民が増える環境は整っているということです。

問題は一つです。それは日本政府がどれほど受け入れるか?そこに関しては、政治の話になってきますので、確実なことは言えませんが、日本の国力を維持していくためには、将来、より海外からの移民を受け入れる機運が高まっていくのではないかと思います。

ということで、今日は実際僕が感じた将来の日本の可能性について話させていただきました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪