real-estate-agents-1116776_1280

 

皆さんおはようございます。

 

ここ数日ブログの更新が出来ていませんでしたが、

おそらく今日あたりから仕事が少しだけ落ち着くので、

ブログは更新できるようになるかと思います。

今回の決算作業はもちろん普段より忙しかったのですが、

いつもよりは楽だったように思います。2,3月は仕事が楽になるので、

この時期にいかに良い不動産を見つけられるか?その勝負になってくると思います。

 

先週の日曜日に、売主さんから直接物件売却の打診があり、

物件を見に行ってきました。メールだけではありますが、かなり良い条件の物件、

でも、融資がおりるかかなり微妙な金額ではありました。

 

期待を胸に、日曜日、現地に行ったのですが、

物件自体は、築年数2年ということもあり、非常にきれいですし、

しかし、主要アクセス駅からかなり近く、駅からも徒歩5分以内と

申し分ない立地でした。

 

ただ、僕が想定していたよりも高い金額を提示してきており、

まず、絶対に融資は下りないだろうという金額ではありました。

でも、僕としては、せっかく紹介いただいた物件であるし、

売主の方に物件を紹介していただいた後1時間くらいで、物件の購入を決めました。

金額的には1億5,000万円程度のものです。

 

金額も金額ということもあり、気持ち的にはざわざわしていたのですが、

その後、落ち着いてカフェで売主の方よりもらった資料を見てみると、

あれ?という事実が発覚しました。

 

なんと、借地権だったということです。

売主の方としては、だますつもりはなかったかと思いますし、

しっかり資料も添付していたので、悪意はないかと思いますが、

完全に所有権だと思っていた僕としては衝撃を受けました。

 

物件の条件、立地、利回り、申し分ない不動産ではありましたが、

それは土地が所有権という想定での計算だったので、

借地権となるとまた話が違ってきます。

 

借地権であれば、どんなに物件・立地の条件が良くても、

利回りが低すぎますし、まず融資がおりません。

 

大きな決断をした後、2時間後くらいの事実発覚だったので、

しばらくぽかーんとしてしまいました。

 

しかし、今回のこの動きのおかげで、僕が大体どの程度融資が受けられるか

より明確に把握することができたと思います。

 

そのために、確定申告の数値をできる限り良いものにして、

2,3月にあるであろう不動産購入に向けて、

出来る限りのことを行っていきたいと思います。

 

今回は非常に残念でしたが、これもより豊かな家賃収入生活へ向けた糧として、

引き続き、特に来月再来月で動きを強めていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪