PAK85_laladentakuOL20140321500-thumb-260xauto-4514-thumbnail2
みなさんおはようございます。

昨日は、ゴールデンウィーク前ということで、
代理人の方を始め、お世話になっている不動産屋で、
どうしても聞いとかなければいけないことがある方に、
電話をかけていました。そこで、改めて気付いたんですが、
彼らって本当に電話に出てくれないですよね。笑

2、3回かけてやっと電話に出てくれるって感じです。
そういう想定でいかないと、ストレスが溜まるので、
彼らと連絡する時は、そういうものだと思って連絡した方が良いと思います。

昨日、電話した中には、現在、新丸子物件の空室を埋めるべく、
僕の代理として動いていただいていた方への連絡もありました。

先週、申込みが入ったという話は聞いてはいたのですが、
昨日電話したところ、問題なく契約が決まり、5/1から住んでいただくということ
になりました。精力的に動いていただいた代理に方には本当に感謝です。

最初は、リフォーム開始時期が遅れ、どうなることかと若干不安でしたが、
結果的には、いい形で決まりました。

内容としては以下の通りでした。
入居者:54歳男性、その母親

54歳男性属性:年収1,300万円(企業名はふせさせていただきます)
保証人の属性:54歳男性の兄、年収は1,100万円(こちらも企業名はふせさせていただきます)
家賃:141,000円(家賃128,000円、管理料13,000円)
敷金1ヶ月(128,000円)、礼金1ヶ月(128,000円)

そして費用も含めると、ネットして僕の手元に入ってくるのは以下の通りです。
参考の為、明細も記載します。

前家賃141,000円
礼金128,000円
敷金128,000円
広告費△141,000円
物件内見用スペアキー作成代△4,600円
リフォームコスト△115,560円
―――――――――――
+135,840円

ということで、契約者の属性が非常に良いので、かなり嬉しい契約となりました。
それに加え、元々140,000円で募集していたものが、141,000円になったので、それも嬉しく、
捨てる神あれば、拾う神もいるんだなとつくづく感じました。

4月に入ってから、家賃減額、空室、リフォーム遅れ、税金若干上昇の通知等、
良くないニュースが続いていただけに、なおさら嬉しく思います。

これで、とりあえずはまた満室経営に戻り、ほっと一息したいところですが、
この間に、より安定した経営にしなければなりません。あまり、安心はできません。

こんな世の中なんで、何が起こるかは分かりませんが、
僕が現在所有者している入居者の状況を鑑みると、今年はおそらく空室はでないと思っています。

この期間に、まず出来ることは財務状況の強化、つまり、貯金ですね。

今のところ、日本に帰国する来年の1月あたりに、1つの物件のローンを全額返済し、
ある程度の余裕ができるようにすべく、貯金を進めていますが、大きなトラブルが起こらない限り、予定通り進みそうです。

そして、そこからが、1棟マンション購入への道程の始まりです。

とりあえず、そのステージに立つまでは、気を抜くことなく、今回のように、中国にいながらも、
自分の出来ることを最大限行う。これは最低限の行動としておきたいと思います。

今回の入居者募集で学んだことも、ノートにしるし、次に生かしていきたいと思います。
まとめたことについては、またみなさんに共有させていただきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪