sunrise-1049073_1280

 

皆さんおはようございます。

 

昨日で、今勤めている本社の方での送別会は終了しました。

海外に行く前と比べ、そこまで環境が変わるわけでもなく、

ただ、何が起こるか分からない職場に武者修行に行かせていただくので、

気持ちの高揚感はかなりあります。

 

今日は不動産投資というよりも、完全にサラリーマン的な話になってしまいますが、

中国駐在から昨年1月に帰国し、今月末で1年5か月お世話になった部署から、

今日巣立ちます。

 

おそらく、この部署に戻ってくることはないかと思いますが、

1年5か月という短い期間の中で、一番学ぶことが出来た部署なのかなと思います。

 

そして、行く先の関連会社は、中国語を使うような場面は有りません(笑)

何のために、中国語を勉強したのか?という疑問は持ちながらも、

中国の背番号から抜け出せると思うと若干嬉しい限りです。

 

僕は比較的大きな会社で働いていますが、大きな会社で働くと、

自分がやっている仕事が会社の為にどの程度貢献しているのか把握できないことから、

企業の歯車になっているだとか、やりがいを感じないだとか、色々ネガティブなことを

感じる瞬間もありますが、異動によって、色んな仕事ができることは魅力的だなと思います。

 

時には、海外で働いたり、時には、関連会社で働いたり、時には、いろんな部署で働いたり、色んな場があります。

 

僕は、未だに独立起業をしたいという思いは持っています。

持っていますが、中国から帰国して、サラリーマンも悪くはないなと

最近は思うようになってきています。

 

それは、サラリーマンであっても、仕事のやりがいを得ることは十分可能だし、

多くの優秀な方々と働くことによって、自分のスキルを上げることが出来ます。

 

ただ、自分の思いをサラリーマンとして叶えるのは非常に難しいのかなと思います。

取締役執行役員になれば、話は別かもしれませんが、実力主義が蔓延しているとはいっても、まだまだ年功序列制が残っている中で、なかなか難しいところはあります。

 

ただ、サラリーマンとして勤務し続けて、定年退職後に全くやりたいことがない、

何をやっていいのか分からないという事には絶対になりたくないし、

出来るのであれば、若いうちから、経済的自由、時間的自由を得ることによって、

行きたい時に海外に行ったり、家族との時間を自由に持てたり、

色んな方と知り合いになれたりすることをしたいという思いが人より強く、

独立起業を目指しています。

 

今回の新たな旅立ち、そして新たな職場での仕事も、将来の独立のためのスキルを磨かせてもらっているという気持ちは忘れず、引き続き精進していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪