みなさんおはようございます!

今日は、不動産とは直接関係ない僕の話をしたいと思います。
僕が不動産投資を行っている目的は、不労所得を増やし、経済的自由を手に入れるためというのもあるのですが、最終的には起業するという目標がより高い確率で叶うと思ったからです。

というのも、不動産投資を行うことにより、自分で判断しなければならないことが急増し、経営者としての意識がまず芽生えます。

例えば、家賃設定、募集広告、確定申告の管理、リフォーム業者の選定、不動産の選択、不動産仲介業者の選択等どれもが重要であり、 自分の判断がそのまま行動に移されます。会社とは全く違いますよね。

僕がお世話になっているコンサルタントの方は、このことについて良く言及されています。
経営を行う上で、基礎は、どのように付加価値を加え、それをどのように人に伝え、いくらでそれを提供するのか? ということだと思っています。これらは不動産投資をやっていく中で明らかに磨かれていきます。

付加価値=物件価値ですよね。物件価値を高めるためには、どういったリフォームを行うか? どういった立地の物件を購入するのか? というのが主な行動です。
どのように伝えるのか?というのは物件の募集広告の方法ですよね。
いくらでそれを提供するのか?というのは家賃設定です。

このように、不動産投資を真剣に行っていく中で、自然と経営者として必要な基礎が身に付いているという認識は自分でもあります。

そんな僕ですが、来年早々中国に行くことを機に、何らかの形で中国と日本をつなげるビジネスを始めたいと思っています。 それが、モノかもしれませんし、ヒトかもしれませんし、ノウハウかもしれません。まだ分野は決まっていませんが、挑戦することを決めました。

自分の現状背負っている負債額、また色々お世話になっている方々もいるので、過度なリスクを背負うことはできませんが、僕はやります。

こういった挑戦ができる環境に身を置けるというのをすごく幸せに感じています。
2年間行って帰ってきたときには、何かヒントをつかめている自分でありたいと思います。
No Life No Challengeですよね!人生!

みなさんは、継続的に何かにチャレンジされていますか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪