みなさんこんばんは!

今日は、意外と巷の本には書かれていないけど、 大家になってみると、てこずった敷金の精算について、お話ししたいと思います。

約半年前、所有物件の1つの中原区の物件が空室になったんですが、その物件は、 法人契約でした。法人契約の場合、敷金の精算はその会社の人事部と行わなければなりません。
これが前回の時は時間がかかりました。

というのも、僕は賃貸管理会社を通じ、リフォーム見積書を基に敷金の請求をすぐにしました。 その担当者によると、法人の場合は色々その会社内での手続きの時間がかかる為、個人と比べ、 敷金精算までの時間が長く、1週間くらいかかるといわれていました。

が、その時は予想をはるかに超え、二週間たっても返事は来ず・・・結局、人事部の方が見てないだけでした笑 僕としては、早くリフォームを行い、募集をかけたかったので、二週間以上は待つことができず、請求した金額が 入金されるという想定で、リフォームを見切り発車させました。

結局、当初請求した金額は入金されたのですが、賃貸管理会社の担当者いわく、その後、その会社の人事部担当者より電話 があり、色々文句を言われたとのことでした。賃貸管理会社の担当者が頑張っていただいたおかげで、なんとか収まったらしいんですが、
文句を言うならもっと早く言えや!って感じですよねww

次回からは、敷金精算のスケジュールをしっかり決めて、臨みたいと思った一件です。
金額的に、ファミリータイプの物件の場合は大きいですからね。

みなさんは敷金精算の際に、苦労したことはありましたか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪