今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

今年もあと残り1か月程度ですね。

今年はコロナの1年でしたが、来年もコロナの1年になりそうです。

東京五輪の開催が危ぶまれる今日この頃ですが、僕たちは1人1人が出来ることをやっていくしかないですよね。

 

度々共有させていただいていた携帯基地局の現地調査の件ですが、やっと具体的な日程が決まりました。11月末に担当者から連絡が来るということでしたが、連絡がこないのでこちらから督促したら、すぐに決まりました。やはり、何事も受け身では事が進まないことが多いですよね。

 

現地調査の時間と内容について携帯会社に確認したところ、現地調査の時間は大体1時間程度になる模様。確認する事項としては建物構造や強度と電気を使うので、建物の電気系統を管理している分電盤を確認したいとのことでした。

 

その辺についてあまり詳しくないのですが、よい経験だと思いますし、鍵を現地に設置していて、キーボックスで管理をしているので、あまり知られたくないということで、自分で立会をすることにしました。

 

おそらくその時の相手の状況を見て、設置できる設置できないかのトーンはある程度把握できると思っています。

 

少し話は変わりますが、この携帯基地局について、何かデメリットはないのか?管理会社の代表の方にお聞きしたところ、以下3点を挙げられていました。

 

・大規模修繕時に屋上防水工事を行う時、携帯基地局が屋上の設置してあると、屋上防水の作業が増えるので、通常の工事から10%~15%の料金アップになってしまう。

 

・壁に設置している場合は、携帯基地局の設置が甘くクラックが発生し、そこから水漏れ等が発生することもあるので、コーキングには注意をすること。

 

・仮に携帯基地局を設置できたとしても、将来的に携帯会社は固定費削減のために、1つの基地局の範囲を広げ、携帯基地局の数を減らすという戦略を取る可能性が高いので、あくまで一時的な収入ぐらいに思っておいた方が良い。少なくとも、その収入が永遠に入ってくることを前提として事を進めない方が良い。

 

守りが強い方なので、ネガティブな話が多かったです。

僕の中で何か悪いことあるのかな?と思っていたのですが、逆にこの話聞けて良かったです。

 

どの話も契約時に契約に織り込むことはある程度可能だと思います。

何も知らない素人大家と思われるとたかをくくられるので、もし契約に進むようであれば、しっかり理論武装して進めたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪