今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
久々に実家に帰省中です。

人気ブログランキング

 

 

さて、今日は定期的にお話している事業投資で損が発生しているという話です。

この話はその事業自体は全て把握しているわけではないけど、金利が高いし、長い付き合いである不動産コンサルタントの方からの紹介ということもあり、始めてみようということで始めた事業投資です。

 

それが現在、約半年間運用がとまっている状況です。

コンサルタントの方と事業を行っている方の間でやり取りがされているようですが、どうやら今の資金では回しにくいビジネスらしく、追加で出資してくれないか?と言われているそうです。

 

今はこの投資に参加したことを深く反省しています。

前回の時にも申し上げましたが、やはり、分からないことに投資するのは危険なんだなと。

ただ、民泊投資は上手くいっているので、それと合わせると黒字ではあります。ということで、僕としてはこのタイミングで元本半額保証の権利を行使して損切りしたいなと思っている次第です。

 

しかし、実はこの投資、僕の他に2人出資しています。

コンサルタントの方としては、僕も含めた3人の意思統一をした上で、損切りのタイミングについて教えて欲しいという考えなのです。

 

というのも、コンサルタントの方としては、僕たちの損失を出来る限り少なくしようと動いてくれているので、少しでも多くの運用金利を事業家より回収し、本当にダメとなったところで半額保証を行使するという形にする流れで動いてくれています。

 

しかし、そもそも半額保証を行使したからと言ってすぐにお金が入ってくるという流れではないらしいんです。話が違うでしょと思ったのですが、そういうことを聞けば聞くほど、早く半額保証を行使して、こういった無駄なやり取りをやめたいという気持ちが強くなってきています。

 

僕としては、年内までは事業家からの回収作業をやって、それで厳しければ半額保証の行使をして、それでこの件は終了としたいと思っています。

 

しかし、3人いる内の1人がちょっと考えたいという回答でした。

僕たちのために動いていただいているコンサルタントの方に直接状況を聞いたうえで、ベストな選択をしたいと。彼としては、損失で終わりたくないという気持ちもあるんでしょう。個人的には元本回収するというよりも、いかに損失を少なくするか、早めに回収するかという話だと思っているのですが。

 

彼が違う意見を言った場合は、またそこで議論が必要になります。

こういった利益を生まない議論は本当に嫌ですね・・・

 

ただこれも高い勉強代と思って、前に進んでいきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪