みなさんおはようございます!

昨日、日本企業で約6年働き、その後アメリカの大学院でシステムに関することを学び、その後SEとしてアメリカの企業に勤め、その企業が今日本支社を設立したことから、そのプロジェクトに駆り出され、日本に逆駐在している先輩が僕の送別会をしてくれました。

その方は、今アメリカのグリーンカード取得(永住権取得)を目指し、日々働いています。僕も学生の頃は、アメリカでMBAを取得し、外資系企業でバリバリ働き、バリバリ稼ぐという方々に憧れをもっていた時もありました。

今もその思いというのはどこかで持っています。しかし、学生時代の1年間のイギリス留学経験の中で、日本という国がいかに恵まれているかに気付きました。それと同時に日本をもっとよりよい国にしたいという思いも持ちました。独立するのであれば、日本を拠点にビジネスをしたい、海外にあるが、日本にはないというギャップを将来ビジネスにしたいと今は思っています。

しかし、僕は、安定した収益がゼロの状態からビジネスを始めることができるほど、勇気がありません。なので、色々考え不動産投資で安定した収益を取り込めるようになったら、最初はそれを基軸にビジネスを始めようと考えていたところ、現在お世話になっている、不動産投資コンサルタントの方とお会いし、今に至っています。

今の自分の年齢に挑戦してよかったなと本当に出合った方々、紹介していただいて方、不動産投資コンサルタントの方には感謝しています。その挑戦する年齢については、昨日送別会をしていただいた先輩もおっしゃっていました。30才になると、色々考えるべきことが増える、30才になって、日本の大企業にいるとそのまま会社勤めするパターンになってしまう。自分は色々考えたし、アメリカで相当苦労もしているけど、今の道を選んで良かった、あの時に決断して本当によかったとおっしゃっていました。

悩んで決めた決断というのは、後々振り返ってみると、良い決断だったと思うことが多いですよね。その方は表面的にはあまり真面目さを出さない方ですが、相当悩んで決めた決断だったのだと思います。

僕も、血尿を出してしまうぐらい悩みましたが、決断してよかったです。タイミング的にもそれを逃したら、おそらくずっと普通のサラリーマンだったのだと思います。人生にターニングポイントは誰しもにあるといいますが、それをつかめる人はわずかだと思っています。僕もまだそれをつかめたといえるほど成功はしていませんが、将来的にそういえるよう今はすべきことをし、成長していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪