みなさんおはようございます。

日本のみなさんは、昨日で仕事納めという方が多いと思いますが、中国では、元旦というのは特別な日ではなく、昨日が仕事納めという考えは中国人にはありません。しかし、とはいえ、日本人の駐在員の方々にとっては、仕事納めという感覚が強いのが確かです。ということで、来週は全て有給休暇を取り、帰国される方がほとんどです。そんな中私は、月末月始の決算作業があるため、しかも、中国では法定決算が1月〜12月なため、仕事が忙しく帰ることができません。その分、1月末の中国で言う正月の時に、2週間の休みをとってやろうと画策しているところです。笑

後、今年も数日残っていますが、今年の自分の決算というのもほぼで終わりました。
その結果、去年と比べ、約2倍貯金できたことが判明しました。

僕は、毎日毎日、使った経費をエクセルに打ち込み、約20種類ぐらいの費用科目に分けて、支出を管理しているのですが、それを見ると、何に使うお金が減ったのか一目瞭然です。
結論から言うと、交際費です。

まず、僕は今年の1月から6月までは、語学研修という形で語学のみを学んでいました。その期間は、想像を絶するような期間でした。というのは、朝5時半に起床、そのまま自習2時間、その後、大学の中国語のレッスンに参加、午後は、1対1のプライベートレッスンに参加、その後は学校が閉まる21時まで自習をするという、大学受験生がおくるような生活をしていました。

そんな生活では、お金を使う暇なんてあるわけないですよねww
1ヶ月の出費は、2万円、3万円程度でした。

それに加え、中国の物価上がってきていると言われていますが、なんやかんや安いものは安いです。でも、高いものは日本よりも高いので注意が必要です。

今は、大体1食250円前後のご飯を食べているのですが、まぁまぁ美味しいです。もし、不動産投資をやっていなくて、将来の目標や借り入れがなければ、好き勝手にお金使えるんで、もっと贅沢しても良いのかもしれませんが、これはこれで目標に向かってやっていることなんで、充実しているし、良いかなとあまりストレスは感じていません。

貯金額が増える理由のもう一つは、税金関係、あと、住居費用がゼロということです。語学研修の時は残業代がゼロで、海外赴任手当のようなものもなかったので、額面給与自体は去年と同じ水準です。しかし、交際費が激減したことに加え、日本に入れば、無条件にかかる税金、住居費用も激減しました。

まず税金関係、僕は今年の1月1日時点で、日本から出発し、住民票を除票していたので、今年の6月からの住民税がゼロです。これ結構大きいんですよね。給与水準によって、ゼロになることによるメリット金額は異なりますが、住民税がなくなるのはかなり大きなことです。

また、住居費用、海外駐在前は会社の寮に住んでいたとはいえ、毎月2万円程度支払いがありました。それが今はゼロです。しかも、海外駐在ということで、日本の会社はそういった福利厚生はしっかりしている会社がほとんどで、それなりの住居に住むことができます。日本に帰国したら、住むことはできないようなレベルの住居です。しかも貯金ができる、最高ですよね。不動産投資家にとっては、特に。

しかし、デメリットもあります。
それは何より、不動産周りをしたり、自分でリフォームのアレンジをしたりする等、不動産投資から距離ができてしまうことです。そうならないためにも、このように毎日ブログを書いたり、物件検索サイトを眺めたり、ほかの投資家のブログを見たりと、モチベーションを保つようにしています。

この一年間でだいぶ知識が増えましたし、色んな不動産投資家の方、または、これから不動産投資家になろうとしている方とお話することができたので、成長することができました。ありがとうございます。

来月、第2回目の繰上返済を行う予定なのですが、目下の目標としては、再来年1月の帰国までに、その物件のローンを全額返済し、抵当権を消滅させる。これに限ります。そのためにも日々の生活は慎み、吸収できる知識は吸収していけるよう頑張っていきたいと思います。

また、みなさんと一人でも多くお話できることを望んでいます。もっと多くの方と意見交換してみたいです。気軽にご連絡ください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪