今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
今日は今までお世話になっている民泊運営代行の会社と初の顔合わせです。今更ですが(笑)

人気ブログランキング

 

 

不動産投資家になってから6年半が経とうとしている今日この頃ですが、

この6年半というのは僕にとってかなり長い時間に感じます。

 

ただ、投資した時の不安や焦り、逆に期待感、希望という様々な感情が入り混じっていた25歳の時のことははっきりと覚えています。また、その間に発生した様々なトラブルや騙され失望したこと、または上手くいった事も今となっては思い出ですが、投資家として確実に糧になっています。

 

そんな中、この6年半で投資家として自分の中で変わったことは多くあります。

賃貸経営一般に対する動き方は大分変りました。それは自分で動いて自分で経験してきたからにほかなりません。やはり、最初は自分で経験して知識・経験を積み上げていくというスタイルは正しかったと思っています。

 

ただし、最近は任せるべきところは専門家に任せるというスタイルに変わりつつあります。

それがこの6年で変わった大きな事だと思っています。

 

投資した当初は、自分以外の誰も信じることは出来ない。自分で所有している物件なのだから、自分よりも一生懸命、心を込めて動いてくれる人はいないと思って、何事も出来る限り1人でやってきました。

 

ただ、最近は資産規模拡大の為に動いていたり、プライベートでも何かと付き合いが増えてきたこともあり、自分の時間を割くことが難しくなってきたこと、また自分1人でやれることには限界があると気付き始めてきています。

 

今の区分5部屋だけを所有しているのであれば、1人で自主管理で回すことは可能です。

しかし、今後、1棟、2棟と増やしていくのであれば、どこかでひずみが来ます。

 

なので、最近は、自分の能力や経験値を上げるということはもちろんやっていますが、それに加え、いかにして良いチームを作れるか?というのを命題に色々と動いています。これは将来に向けた時間の投資です。いずれ必要になることは間違いないと思いますので。

 

お金はかかりますが、専門家に任せた方がミスはなくなります。また僕が間違ったような融資戦略についても最善の方法で最短の道で自分の思う規模まで進めます。

 

お金や時間をケチるべき時はケチるべきですが、このチームを作るということについては、最大限の投資をしていくべきだなーと今はつくづく思います。

 

世の中は今色々変わろうとしています。

高齢化社会、インバウンド需要増加、移民が増えてくるかもしれません。そんな中正しい判断が出来るような体制を整えていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪