今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
最近ブログランキングが上がってきたのは皆さんのおかげです。

人気ブログランキング

 

 

さて、今日は昨日の続きです。

このブログを読まれている読者の方の属性・状況と僕のそれとは異なる部分もあるかもしれませんが、多少は関わりがありの部分はあるかもしれないので、ご参考までにということでのシェアです。

 

僕自身、今の家賃収入から得られるキャッシュフローにはまだ満足はしていませんが、それでも、それがあるのとないのとでは気持ち的にも、目先の利益的にも異なります。

 

ただし、その方にご指摘を受けたのは、目の前の利益を追うより、今区分マンションを所有していることによって、融資を受けられたはずの銀行から融資を受けられない、そのことによって資産規模が拡大出来なくなるという機会損失を考えると、なるべく早めに整理はした方が良い。

 

もし、僕が目指しているキャッシュフローが今の状況に毛が生えたぐらいの規模であれば、ここまで言わないが、目指しているキャッシュフローを考えると、頑張って2棟や3棟は購入できたとしても、その後の展開が厳しくなるので、区分を全て売って、現金化し、現金保有高を最大化し、その現金を元手に、銀行から融資を受け続け規模を拡大していくというやり方が一番合理的という話でした。

 

この機会損失という考え方は知ってはいましたが、そこまで深く考えたことはありませんでした。

 

目先の利益をまずはカットし、将来に向けた準備を備える。まだまだそれが出来る年齢だし、メガ大家、ギガ大家になりたいのであれば、それが必要だということです。

 

なるほどなーと話に聞き入ってしまいました。

やはり、資産規模に成功されている大家さんのほとんどは個人としての借入はほぼ皆無に近く、個人属性が悪くなる区分マンションは所有していない方がほとんどとのことです。

 

もっと言えば、サラリーマンを辞めてからも事業性融資で引っ張り続けるためには、ビジネスオーナーとなっている会社と不動産賃貸業を営む会社をどちらも所有しており、不動産賃貸業の会社で融資を受ける際に、ビジネスオーナーとなっている会社の事業収益を担保にできるくらいの規模になっているのであれば、規模拡大は早く、またそういった方々は成功している方が多いという話でした。

 

多少のビジネスは営んでいても、その方が仰っている年商1億、2億の規模にはまだ全然届かないのですが、刺激はかなり受けました。やはり、上には上がいるのだなーと。

 

あと、これは繰り返しになってしまいますが、自分が目標とするキャッシュフロー、達成時期、そして一番重要ななぜ達成したいのか?ということについて、再度考えてみる必要があると思いました。

 

やはり、人と会っていくことは刺激が多いです。

引き続き動き続けていこうと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪