今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
来週から少し暖かくなりそうですね。最近氷点下に慣れつつありますがw

人気ブログランキング

 

 

最近色々と動いているということもあり、色々な方々とお会いします。

不動産業者であったり、他の不動産投資家の方であったりですが、勉強になることが多いです。机上の知識ではなく、やはり実践が大事だと改めて実感しているところです。

 

そんな中で、最近いわゆるメガ大家と言われる投資家の方とお話する機会がありました。

その方は既に独立をされていて、不動産投資の他にもビジネスを営んでおり、まさにロバートキヨサキが推奨しているビジネスオーナーとインベスターのトライアングルを実践されている方なのですが、かなり洗練されていました。

 

結論から申し上げると、やはり洗練されている投資ステージが何段も上の方との面談はかなり有効でした。

 

その方には僕の金融資産、年収等、個人属性に関わる数値を全て公開し、自分の目標を達成するためにはどのようにして進めていくのが効果的か?というアドバイスを受けに行ったのですが、目に鱗でした。

 

分かってはいましたが、ああもはっきり言われるとどうしようもないという感じですw

 

僕が将来資産規模を拡大していくにあたって、一番障害となるのは区分所有マンションを持ち過ぎているということです。区分所有マンションは積算評価が低く、銀行は区分所有を持っていることに対してネガティブです。そして、これは今後も変わることはない事実です。

 

そして、ベストは個人としての借入は0にしておくことです。

個人は0にし、不動産は法人に寄せて、借入をしていくことです。

 

僕の場合は、今3つの区分所有マンションのローンが残っています。

それらをどう減らしていくのか?と考えた時に、売却か自己資金での返済かという2択になります。しかし、結局区分を持っていても銀行からは評価はさがるばかりで、それであるなら売却をした方が良い。ということを言われました。

 

区分を持っていること自体がネガティブになるのであれば、全てをまず売って、現金化するというのがその方に言われたことです。その方は業者でもなんでもなく、アドバイザー的な立ち位置なので、仲介をとるためのトークではないです。

 

ただし、迷いがあるのはなぜか?

それは、今所有している部屋は全て入居者がいるということです。

家賃収入が入ってくるので、それを手放したくないという思いもあります。

 

ということで、今日は時間になってしまったので、続きはまた明日更新しますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪