今日もご支援ありがとうございます。
やっと週末になり開放されました!

人気ブログランキング

 

 

これもまた昨日の内容の続きになりますが、

先日の業者との打ち合わせで1つ税務について指摘がありました。

 

今年より民泊収益の初期投資を回収し黒字になったことから民泊収益の確定申告を開始します。また、今年の始めから有料で記事を投稿する機会も少しずつ出てきましたので、その所得も申告しなければなりません。

 

これらの所得、どちらも不動産投資に関連したものということで不動産所得で申告しようとしていたのですが、それはいけないと言われました。内容的には不動産所得というのは、一般的に所有権を持っている不動産を貸し付けることにより発生する所得。

 

民泊収益はサブリースでやっていることからこれに該当せず、事業所得。記事投稿量は雑所得なので、税金の金額が変わらないという意味で脱税ではないけど、そういった細かい操作を銀行は嫌うので今後の融資を考えるのであれば、法人を設立するか、それぞれ正しい所得形態で申告するかにした方が良いとのことでした。

 

事業所得や雑所得が発生すると、サラリーマンとしてどうなるかという話が出てきてしまいます。という意味で、個人所得としてこれらの民泊収益、記事投稿料を申告するのはやめることにしました。

 

ということで、法人を設立します。

 

以前に法人設立を検討した時に、所得がゼロであっても、年間7万円の法人住民税が発生すること、5年お世話になっている税理士の方にお願いしたとしても、最後のチェックだけで10万円の費用が発生することから、コストパフォーマンスが見合わず見送ることにしていました。

 

しかし、こういった正しい所得形態で申告するという新たな論点が上がったことを受けて、やはり、法人設立をせざるを得ない状況になりつつあることを実感、6月までに法人を設立して、民泊収益と記事投稿料は法人として申告をすることにしました。

 

ただし、税理士の方にお願いするかどうかは検討中です。

 

今個人の方の確定申告はお願いしているのですが、料金が4万円です。

ただ、不動産所得しかないですし、今までに提出いただいた資料もあるので、ある程度何をどう記入すればよいかが分かっていることもあり、個人の方は契約を切ることを検討中です。

 

その代り、法人の方は初年度ということで大事なことも色々あると思うので、自分で頑張って作成してみて、最後のチェックだけお任せするというお願いの仕方をしてみようかなと思っています。そうすれば、追加コストは6万円で済みます。

 

CFPですとか、米国公認会計士の資格は持っていますが、やはり最初は専門家に任せるべきだと僕は思っています。特に税金でトラブルになる人は意外と多いという認識なので、将来あるかもしれない税務調査に今から備えています。

 

ということで、法人設立という1STEP段階を超えることをしたいと思います。

また面白いことがありましたらシェアしますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪