今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
会社を休まなければいけない案件が続いており、山場を迎えています。。。

人気ブログランキング
現在、マイナス金利の状況が続いており、銀行にお金を預けてもほぼ金利がない状況です。

そんな中意外と知られていない高利回り、かつ、安定的な運用についてプチトピックではありますが、お伝えしたいと思います。

 

みなさん、、もしくは信用金庫の出資金というのはご存知ですか?

信用組合の場合は、預金を預ける、もしくは融資を受ける場合に、ある程度の金額の出資金を求められます。

 

信用金庫の場合は、融資を受ける場合に、ある程度の出資金額を求められます。

この出資金が意外と利回りが高いんです。

 

年利で3%4%程度もらえる信用金庫や信用組合が多いと聞きます。

実際、僕の取引のある信用組合や信用金庫では、3%で運用してもらっています。

 

今時こんな高利回りで運用して、企業体として損しないのかな?と思うのですが、しっかり金利を支払ってくれています。100万円あずければ、安定的に年に3万円支払われるので、これって結構でかいとおもいませんか?

 

この出資金を多く出せば出すほど、次の融資を引きやすいのか?ということについてですが、これについてはあまり影響はないという見解を持つ不動産業者が多いです。また、出資金は一般の市場で売買できないので、いざという時にすぐに換金しにくいというデメリットもあります。

 

こういったことを考えると、利回りが高いからと言って、限度額までつっこむのは宜しくないような気もします。でも、信用金庫や信用組合の社員の方は出資金を多くいれると喜んでくれるらしいんですよね。それが果たして次の融資にどのように影響してくるのか?この真相は分かりません。担当者によっても違うでしょうしね。

 

今融資審査中の案件もありますが、融資も結局は人が決めていることなんだなとつくづく思います。継続的にコミュニケーションをしていくことによって、融資をしてくれた金融機関と良好な関係を構築していくことが重要なのは間違いありませんが、営業時間内に訪問しなければいけないので、僕のように日中仕事から抜け出せないサラリーマンは有給休暇を取得する必要があり、なかなか難しいというのがございます。

 

このような出資金の話もそうですが、定量的なもので関係性が良くなっていくのであれば分かりやすいのですが、そうともいかない部分もありますしね。あとは個人次第といいますか。。。

 

僕は出資金は最低金額しか入れない主義ですが、この出資金についても上手く利用できるのであれば上手く利用していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪