今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今日は僕が空室にあった部屋から自主管理に切り替えた1つの理由についてお話したいと思います。この理由が、部屋がなかなか決まらない要因になっている可能性もあるので、1つの参考にしていただければ幸いです。

 

僕が所有している部屋は家賃が4万円台前半ということで、東京都の中では明らかに安い部類に入ります。ただ、JR南武線沿いということで、住みたいまちランキング上位になることはなく、家賃を抑えたいという需要層が入居を検討する部屋でもあります。

 

ということで、お金に余裕がない方が住む部屋なのですが、そういった層はそこそこいるので、この2年間、空室には過度に困らされることもなく、運営できているんだと思います。

 

この層は、初期費用には特に敏感です。

 

ということで、敷金礼金はゼロゼロにしているわけですが、そんな中、もともとの管理会社は初期費用として2年間24時間サポート費用2万円程度を入居者に負担させていました。このサポートがあることによって、入居者の方は安心というのはあるのかもしれないですが、24時間サポートを初期費用に含めていない競合物件もあるので、初期費用が相対的に高くなってしまうという意味で、競合力が下がってしまうことを懸念していました。

 

この件について、管理会社の元代表と元担当者に訴えたところ、24時間サポートを外部委託することによって、その管理会社の業務量がうまく制限され、少ない人員で回すことができているので、24時間サポートを外すことは難しい。だからといって、24時間サポート費用を入居者から回収しないと、自社で費用負担するわけにもいかないので、初期費用から外すことは難しいということでした。

 

この回答に納得できず、それ以降の募集は自分で行っています。

自分で募集を行い、その後も管理も自主管理とすれば、この24時間サポート費用を初期表から外すことができるためです。

 

ただ、この効果が如実に出ているかどうかについては、まだ切り替えをしてから1年も経過していないので、何とも言えません。結果としては、今の時点では満室を維持できているという意味で、失敗ではなかったとは思っています。

 

今回、その管理会社の代表者と担当者が変更になったということで、この件再度その会社に訴えてみようと考えています。もし初期費用に含めずにやっていただけるということであれば、管理をその会社に戻すことも検討したいとは考えています。代表の方も若いようですし、中長期的に任せられるような気もしますので。

 

無駄な初期費用を下げることも空室対策の1つですよね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪